読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

木屋平の忌部氏と平家(木屋平 三木家、森遠 正八幡宮)

美馬郡 阿波の伝説 麻植郡 阿波の神社巡り 忌部氏 平家
f:id:awa-otoko:20150525223041j:image
 
阿波忌部氏は太古から天皇が即位のときは麻から麁服(あらたえ)を織り、践祚大嘗祭(せんそだいじょうさい)に貢進してきました。麁服の貢進には阿波忌部の直系である三木家が関わり、御衣御殿人(みぞみあらかんど)として朝廷と深い関係を保ってきたのであります。
 
f:id:awa-otoko:20150525223455g:image
 
三木家の人々は御衣御殿人の役割を果たし続け、南北朝動乱期から江戸期まで中断していた麁服の貢進が大正時代に復活。昭和、平成と受け継がれて現在に至り、平成の践祚大嘗祭での貢進では木屋平栽培、調製された麻から山崎忌部神社の織殿で麁服が織られ、周辺市町村の関係者をあげて貢進に当たってきました。
 
f:id:awa-otoko:20150525224021j:image
 
このように南北朝~室町期を通じて三木家の所領は三木山、中村山の一部、河井山の一部であり、一方の小屋平氏は小屋平・河井の大半を占めます。
三木氏・小屋平氏の支配地域は現在の木屋平村とほぼ一致し、つまり木屋平村は三木氏と小屋平氏(のちの松家氏)により統治されていたと考えてよいでしょう。
 
それでは次に木屋平村の地名の興りともなった小屋平氏にスポットを当ててみましょう。
 
f:id:awa-otoko:20150525224745j:image
 
木屋平の地名は小屋平氏が拠った森遠城付近から生まれた地名であり、かつて地元では「安徳天皇の小屋の内裏」が森遠城の位置に存在したこと、平は小屋平氏が平家であり、小屋に続けて平を加えたものであると伝承されてきました。
 
f:id:awa-otoko:20150525224302j:image
f:id:awa-otoko:20150525224312j:image
 
通説では壇ノ浦の合戦で三種の神器とともに入水したといわれている安徳天皇と平家一門は、実は安徳天皇を奉じて壇ノ浦の前夜に四国に脱出していました。
その後、山深い森遠に落ち延び、その地に行在所を建て「小屋の内裏」と呼んだのであります。
その後も安徳天皇は平國盛等祖谷山平氏に迎えられて、祖谷へ行幸され、平知経は、この「小屋の内裏」を城塞のように築きなおし、名を「森遠城」と改め、自分の姓も平氏の平と小屋の内裏の小屋を合わせて、「小屋平(のちに木屋平)」としました。
 
f:id:awa-otoko:20150525224328j:image
 
のちに木屋平村 森遠に忌部の有力者の一人が入植したのは、小屋平氏が所有した森遠城の近辺。
平安初期に三木山の忌部の長者・三木氏の次男が、5人の者を従えて当地に入り、5人は下名・弓道・森遠・谷口・川上の5ヶ名に住し、三木氏の次男は谷口に居を構えて大浦氏を名乗って開発を行いました。
 
f:id:awa-otoko:20150525224346j:image
f:id:awa-otoko:20150525224401j:image
 
森遠は緩やかな傾斜地や窪地が広がり、絶好の日照条件と数ヶ所から清水がわき、小谷も流れて入植者なら真っ先に居住する好条件の場所であり、鎌倉時代に小屋平氏はこの地を入手して本拠地として勢力を伸ばし、やがて衰退した大浦氏に代わって大浦名を支配下に置くこととなったのです。
 
森遠城は本丸・外櫓・馬場などを含めると約一町五反の広さがあり、「阿波志」には「八幡祠平村森遠名に在り、俗に言う土御門天皇を祀ると地丘陵にあり、祠中偃月刀及び古冑を蔵す、阿部宗任持つ所」と述べています。
 
f:id:awa-otoko:20150525224422j:image
f:id:awa-otoko:20150525224433j:image
 
江戸時代の初期に松家氏は本丸の北東に隣接していた北櫓跡へ屋敷を移し、城を廃して跡地を整理。万治2年(1659)12月12日に正八幡宮を建立して、森遠の氏神としました。
八幡宮には同家の祖霊も合祀して霊廟とし、本丸跡約六反歩を森遠在へ解放。現在も境内には空掘・武者走り・古井戸など城内の遺構が完全なままで残っており、堀の内側は森となって広大な境内が広がります。
 
森遠 正八幡宮に赴けば往時の情景を偲ぶことができますよ。
 
木屋平編、さらに続く!かも…