awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

那賀郡

粟の国と長の国(二柱の神と二つの港)

古代の阿波は粟圀と長圀との二つに分かれていました。その境界は名東、名西二郡を隔てる山であり、南方に長圀、北方に粟圀が存在していました。粟圀は粟族が、長圀は長族(即ち海人族)が住んでいたのです。粟族の中心地は名西山分の神領、長族の中心地は名…

空海が関係する三つの寺(太龍寺、焼山寺、大滝寺)

あぁ… まためんどくさいテーマを選んでしまいました…さぁ、ぐずぐず言わずいっきに江戸〜明治の文献から三つの寺を紹介していきます。 太龍寺舎心山 太龍寺は那賀郡賀茂。和食。水井。細野。中山。阿瀬比。の山々の頂に有り、此の六ヶ村より登るに近きは二十…

宮倉ノ和耶 (宮倉神社、和耶神社)

日本書紀 推古天皇の御巻捨五年の条に云く「七月戊申朔庚戌是歳冬於倭国作 高市池藤原池肩岡池菅原池 山背国堀 大溝於栗隈 且河内国作 戸苅池依綱池 亦毎国置 屯倉-云云」※ 屯倉(みやけ): ヤマト政権の直轄地経営の倉庫などを表した語。それと直接経営の…

宇奈爲神社と大轟の滝(宇奈爲神社)

宇奈爲神社は山奥に鎮座しています。 鎮座地は那賀町木頭字内の瀬1 熊野十二権現を勧請してから「熊野の神々」を中心に祀られており、社名にある「宇奈爲神社」は「奥の院」として(?)中央の神殿である「熊野本宮」よりさらに高い位置の真後ろに祀られて…

落雷神社(おちらい神社)

昔、この地に雷が落ちたんでしょう。(笑) 阿南市才見町山地20に鎮座 祭神は別雷命旧村社。創立年代不詳昔雷此に落ち遂に之を祀る。(←やっぱり!) 特にこの神社について面白い伝承や噂はありません。しかしブログのテーマに取り上げたのはダイレクトでま…