読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

蜂須賀が動かした神々

古墳、板碑 番外編 阿波の伝説 名東郡 明神、大明神、権現、大権現

大日本地名辭書に云、延喜式名方郡天石門別豊玉比売神社は今佐那河内村の天岩門別神社是なり(阿波名勝案内より)


冒頭からすごいことを引用してさそまいました…(笑)
大日本地名辞書では式内社 天石門別豊玉比売神社は天岩戸別神社であると断言しています。

まず佐那河内村 天岩戸別神社の説明をしておきます。

f:id:awa-otoko:20141113002932j:plain f:id:awa-otoko:20141113002943j:plain
f:id:awa-otoko:20141113002956j:plain f:id:awa-otoko:20141113003007j:plain

三社様、三所様と呼ばれている天岩戸別神社のご祭神は天手刀雄神(相殿)、天照皇大神(左側)、豊受皇大神(右側)が祀られています。創立年代は不詳。

奥の院には立派な天手力雄神の御陵が残されています。
鎮座地名は牛小屋。これは「大人(うし)小屋」。
古代の有力者を往時から「大人(うし」と呼んでいました。
よって有力者の居住地区であったと認識して良いでしょう。

天石門別豊玉比売神社が天岩戸別神社であるという真偽ははっきり言ってわかりません。(え!?笑)
しかし、この豊玉姫が城山麓の龍王祠になったのは確かなようです。蜂須賀家が阿波に入国してから重要な寺社を徳島城周辺へ移動させています。
今回は蜂須賀が動かした阿波の神々をご紹介したいと思います。(やっと本題に入りましたよ。)

f:id:awa-otoko:20141113003138j:plain f:id:awa-otoko:20141113003212j:plain

f:id:awa-otoko:20141113003429j:plain f:id:awa-otoko:20141113003501j:plain

f:id:awa-otoko:20141113003554j:plain f:id:awa-otoko:20141113003606j:plain

f:id:awa-otoko:20141113003648j:plain f:id:awa-otoko:20141113003715j:plain

海神、武神、鍛冶神、穀物神を一柱ずつ徳島城の各方角に持って来たのかなど考えてみたのですがしっくりきません。

f:id:awa-otoko:20141113003755j:plain f:id:awa-otoko:20141113003816j:plain

佐那河内村に鎮座する大宮神社。
境内にある天石門別豊玉比売神社合祀の石碑も…
入田町の麻能等比古神社の痕跡、龍王山からも考えないといけないですね。

f:id:awa-otoko:20141113003853j:plain f:id:awa-otoko:20141113003914j:plain

このように神々を動かした蜂須賀の意図と目的を少しずつですが調べていきたいと思っています。