awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

宮ノ島に天村雲・八神殿の形跡!?

どうも。今回は事前にFacebookの方で告知風に流していたものですが意外にも「いいね」が多かったので期待に添うべく(調子に乗って)書いてしまいました。

それではawa-otokoの考察にお付き合いいただく前にまず川島神社の情報をご覧下さいませ。

f:id:awa-otoko:20190707234511j:image

【川島神社】

創建年は不詳。川島城の二の丸跡に鎮守する。

1915年(大正4年)に行われた吉野川の改修により、善入寺島の浮島八幡宮を中心に神社43社と合祀し、1916年(大正5年)10月20日に新たに川島神社として創建。

祭神: 誉田別天皇天日鷲命菅原道真

awa-otoko.hatenablog.com

awa-otoko.hatenablog.com

以上から本来川島神社は一社ではなく、浮島八幡宮を中心に神社43社が合祀されて現在に至ることがお分かりいただけたでしょうか。浮島八幡宮は別の名称として宮ノ島八幡宮と呼ばれ、八幡宮を崇敬することで鎮座していた宮ノ島村は神の島とも呼ばれていたのです。

f:id:awa-otoko:20190709200238j:image(左端の宮ノ島八幡宮を表示したがいがためにこの頁を掲載しました。)

f:id:awa-otoko:20190709200250j:image(上の頁の続きです。)

そのような宮ノ島に、何と天村雲神社が存在したという古文書を見つけてしまったのです。しかも天村雲命、伊自波屋姫が祭祀されていない天村雲神社という驚きの内容で。その他にも着目する部分として日本一社である天村雲神社が別に存在した(可能性がある)こと。そして祭祀する祭神が八神殿の神ということでしょう。

それでは実際の文書を確認しながら進めてまいりましょう。

f:id:awa-otoko:20190707234209j:image

宮の嶋天村雲神社

祭神臍の緒神(ほそのおのかみ)神号聖神と号す。是の社は京都吉田殿にある八神殿の神の教えにして八神は人の躰(からだ)に実する神より生まれ、曰く食となして生長して家業に携わり生涯を全く終る道迄たとえ神と祭りたる也。

第一: 神産日神(是臍の緒の神(うぶの神是也))

第二: 高皇産霊尊(人躰の神)

第三: 玉積産日神(魂魄の神)

第四: 生産日命(寿命を司る神)

第五: 足産日神(如何の不足もなき様に具足さす神)

第六: 大宮賣命是奥津姫命(竃神、宇受賣命)

第七: 御食神(伊勢外宮豊受皇太神、稲荷大明神、五穀の祖神にして宇迦之御魂命と申奉即此阿波の国に主 大宜都比売命も此御事也)

第八: 事代主神大己貴命の御嫡男八重事代主神と云人の◻︎◻︎を司るなり即恵比寿の神也 今人形に代りてもにこにこ笑う姿也福の神也。

下野国河内郡二荒山神是也。類聚國史十六巻曰貞観十一年二月廿八日丙辰干支日正二位の御位と下さるは神人万一生の業と教え導きなる御位なり。此の八座の神等は吉田神楽団の八神殿の祭神なり。

f:id:awa-otoko:20190708000333j:image

今此の宮の嶋なる臍の緒大明神とは第一の御神(神産日神)ならん。◻︎◻︎に神号を聖神と祟えられ凢人万の事において通せざる事なき智慧の如きを聖と云う。漢文において魯の国大聖人文宜王名丘氏姓は孔字仲尼と云いたる。人の話にて◻︎日の本にては神◻︎代にては八意思兼命又中昔にては菅原右大臣道真公神去りて後天満自在威徳天神と祟奉り此の人の如きを云うなり。是◻︎に天村雲命、伊自波屋姫の二神を祭神と号せざるは何の拠り所もなきたわ言ならん。と云云

かくあれば此社は◻︎ぶきて何を尋ぬるに◻︎◻︎

八神殿 - Wikipedia

古文書を書き下してみましたが何とも達筆で解読できない箇所は◻︎で埋めています。(ごめんなさいね。)結局読みにくいので要約すると、、、

宮ノ島 天村雲神社の祭神は臍の緒の神であり、聖神である。その神とは八神殿に祀られる第一神、神産日神(かみむすびのかみ)である。

ちなみに第七の神である御食神は伊勢外宮豊受皇太神であり稲荷大明神であり五穀の祖神のウカノミタマ。そして阿波国の主 大宜都比売命でもある。(その他の神の説明は省略。)

とにかく宮ノ島の臍の緒大明神は八神殿第一神 神産日神なのである。神は時代の流れによって変化することがあり、八意思兼命菅原道真に置き換わり、天満自在天や威徳天神に変化することもある。宮の島天村雲神社がなぜ天村雲命、伊自波屋姫を祭神としていないのは知る由もないのである。

読み下せば大体こんなニュアンスでしょうか。

この古文書だけでは真相を追うことは叶いませんが麻植郡宮の島村に天村雲命、さらには八神殿に祀られる臍の緒の神こと神産日神が祭祀されていた可能性を示唆するものではないでしょうか。

あと誤解していないことを示すものとして同文献から川田村、山崎の天村雲神社の記録も存在することを示しておきます。

f:id:awa-otoko:20190709233908j:image(川田村天村雲神社の記録。こちも内容は要チェックです。)
f:id:awa-otoko:20190709233902j:image(山崎村天村雲神社の記録。)
f:id:awa-otoko:20190709233914j:image

という訳で、残念ながら宮の島八幡宮を含めた周辺の遺構については見る影も形なくなり、また当時の住民は殆ど移住させられていますので伝承等は期待できません。唯一可能性が残されるのは43の神社が合祀された川島神社に何らかの記録が存在することでしょうか。また来たるべき時情報が抽出できるまでこの案件については待機したいと思います。それではまた。

下宮神社に合祀された神々の謎

f:id:awa-otoko:20190615224223j:image

今回は以前に調査していた内容を投稿します。

awa-otokoは現在、阿波の神社学から綺麗さっぱり離れてしまっているのでわからないZEeeeewww!!!! という状態なのです。この場で出してみたら新しい発見があるかも。な感じ。ただ昨日も投稿しているので手短にとたくらんでます。(当然オチなんか考えてない。)

f:id:awa-otoko:20190615224340j:image

さてさて本題へ。

つるぎ町一宇に鎮座する下宮神社。旧村社で創建年代は不詳。往古は忌部神社末社であり大宮神社と称していましたが「大」の字を「下」と誤記して下宮五社大明神と呼ぶようになったとい云われています。祭神は猿田彦神命、稲倉魂命太玉命大己貴命大宮売命。だそうです。

f:id:awa-otoko:20190615224821j:image

☝︎鳥居の横にある目立つ縁起の看板にも書いてあるでしょ。でも見つけてしまったものは仕方ない。勿体ぶらずに速やかに出しますよ。はい。これ。⤵︎

f:id:awa-otoko:20190615225112j:image

社殿の右側に掲示してある明治期に書かれた當社御祭神の額。読めるかな?読みにくいのですが墨跡を辿れば下宮神社は冒頭に延喜にある通り、猿田彦神命、稲倉魂命太玉命大己貴命大宮売命。で、、、そのあとが面白いんですよ。

f:id:awa-otoko:20190615234932j:image(見やすいように色変えてみた。)

椿尾神社: 猿田彦命、少名彦命、保食神

三寶神社: 火結命(ほむすびのかみ)

阿閉神社: 彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)

三所神社: 大山祇命

八坂神社: 神速須佐男命

皇子神社: 国狭槌命(くにさつちのみこと)

明見神社: 天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)

野中神社: 抓津姫命(つまつひめのみこと)

山神社: 大山祇命

んー、見る人が見たら唸る内容でしょ。全部書いたら終わらないので抜粋しまーす。

阿閉神社に彦火々出見命

阿閉神社は今も播磨に鎮座していますが祭神は住吉三神です。海を渡った時に祭神が変わってしまったのか?阿波では彦火々出見ですよ。凄くないですか?あとあの阿閉(あべ)ですから。。。

皇子神社に国狭槌命。

国狭槌命は日本書紀天地開闢の段に登場する神代七代の神。皇子で国狭槌命を祭祀しているならこれは驚愕でしょう。(ただ同時に大山祇命の神名もあることから大山祇命の皇子である国狭土ノ神を指している可能性も拭えませんが。)

野中神社に抓津姫命。

一説曰 素戔烏尊之子 號曰 五十猛命 妹 大屋姫命 次 抓津姫命 凡三神 亦能分布八十木種 則奉渡於紀伊國 及此國所祭之神是也(先代旧事本紀より)

抓津姫命はスサノオの娘であり、兄が五十猛。直接紀伊国造に繋がってしまいますよ。やばいっすよ。

大山祇命猿田彦命の重複祭祀。

大山祇命猿田彦命の二柱は重複して合祀されています。これを考えると当集落周辺では特に祭祀されていた神々だと言えるのですが忌部神ではないのが不思議。神名を置き換えていることも考えられるのでは?

f:id:awa-otoko:20190615234909j:image

上の写真は境内摂社なんですが見たところ五つの祠があります。まさかこれが五社大明神ではないですよね。(汗)

f:id:awa-otoko:20190616001951j:image

合祀が多いから地神塔もまとめて置いてます!

ってはい。書けば長くなるので疑問はこれくらいにして。。。そもそも下宮神社は忌部の末社と謳っていますが神名や合祀された社についても忌部神の痕跡が太玉命しか見当たらない。これはどういうことでしょうか。(ガチガチの忌部エリアなのにね。)ともかく、当社の祭神はもとより合祀された神々の謎と当地の関係は調査する必要は大いに有るでしょう。

f:id:awa-otoko:20190616001918j:image

ということで、調査中の疑問は今回表に出したので誰かに良い考察出して貰うか、あわよくば解明し貰うことを期待してオチがないawa-otokoは早々にドロンいたします。ではまた。(´・Д・)」=3=3=3

玉厨子庵の飛鉢仙人と不思議の岩屋

f:id:awa-otoko:20190614214510j:image

浅井長政の曾孫にあたる阿波に黄檗宗を開いた鉄崖。(あらあら。ぐーたらおじさまが書いてらっしゃる。リンク☞ぐーたら気延日記(重箱の隅): 仏日山 水明寺 竹林院

久しぶりの投稿です。(*゚▽゚)ノオヒサ!

今回は眉山 竹林院を建立した鉄崖の高弟、鉄龍こと飛鉢仙人のお話。ぜーんぜん阿波古代史のお話ではない番外編。それではちゃっちゃと進めちゃいましょう。ヽ(^o^)

鉄龍は不便な玉厨子山に籠り、時々托鉢していましたが寄る年波で急坂八丁の上り下りが苦しくなって日頃使い慣れた木鉢にマジナイをかけて日和佐沖のイサバ舟を回らせながら托鉢の代理をさせていたそうです。

f:id:awa-otoko:20190614221012j:image

空中から木鉢がまわりながら飛行し、空飛ぶ円盤よろしく舟から舟へと飛び、船員が一握りの米を入れて木鉢に入れた米が八分目ほどになれば玉厨子山へ飛び戻って庵室の縁側で差し出している鉄龍の手のひらにぴたりと木鉢が収まったとのこと。

f:id:awa-otoko:20190614215454j:image

さて、そんな鉄龍の魔法の木鉢はある時に舟の炊事係をしていた子供に面倒がられて木鉢を破壊され、飛べなくなった木鉢はその後薬王寺の宝物として保存されていましたが、明治三十一年の大火で消失してしまいました。(残念。実見者は八寸ばかりの破損した木鉢だったと証言。)

f:id:awa-otoko:20190614225343j:image

河内村山河内玉厨子山の中腹玉厨子庵(泰仙寺)から西へ約100メートル、山の突角に墓碑一基「玉厨子山中興鉄龍道人、宝永七庚寅年八月十一日、円寂八十一歳」とあるのが飛鉢仙人こと鉄龍上人のお墓ですね。

f:id:awa-otoko:20190614215911j:image

余談ですが、鉄龍上人の墓碑の近くには玉厨子山十哲の墓があり、大師堂の傍らの谷間には三尺ばかりの平な石に座禅石と刻まれたものがあったそうです。朝夕には谷間に据えられていた座禅石に静坐して求道に精進した高僧たち十哲が眠っているそうです。

f:id:awa-otoko:20190614223328j:image

昔は僧一人に一個ずつ座禅石が用意されていたそうですが残念ながら出水のため崩れたり流されたりして、現在ではやっと一個、それも草木に埋もれて残されているらしいです。(この玉厨子山の頂上はイラズの山であり樹木を伐れば祟るという。その伝承を無視した人々が山頂付近を全て刈り払い、雨の度に出水が起こり玉厨子庵周辺を流してしまったらしい。)

f:id:awa-otoko:20190614220628j:image

はい。この玉厨子庵(泰仙寺)は薬王寺の奥之院として有名?なのですが、これは文治4年薬王寺の火災が発生した際に本尊が玉厨子山に自ら飛んで焼失を逃れたという伝説があるからなのです。(その後、後醍醐天皇により堂塔が再建。本尊が新たに彫られたが、元の本尊もこの時に飛んで帰り後ろ向きに厨子に入り自ら厨子を閉じたとされ「後向き薬師」と称され、元の本尊は以後秘仏となった。このため本尊が二体ある。wiki引用)

そして、その本尊が夜な夜な光を放ったとされる薬王寺奥之院とはココ。

f:id:awa-otoko:20190614231930j:image
f:id:awa-otoko:20190614231933j:image
f:id:awa-otoko:20190614231928j:image
f:id:awa-otoko:20190614231935j:image

んー、圧巻の岩屋。神気が半端なく漂っておりました。(観音と不動を祀っておりましたのでアマテラスとスサノオであろうとawa-otokoは解釈)

また、岩屋周辺には磐座もございました。

f:id:awa-otoko:20190614232528j:image
f:id:awa-otoko:20190614232526j:image

超能力者であった飛鉢仙人 鉄龍はなぜこの玉厨子山を終焉の地として選んだのでしょうか。

ちょっと引っかかってしまった場所だったので番外編として久しぶりに書いてみました。今回は触れませんでしたが阿波の古代史に関連した重要な場所かもしれません。そもそも薬王寺が…なところですからね。またそれについては別の機会で書きたいと思います。(たぶん書きます詐欺になるでしょうが。笑笑笑)

やっぱり阿波は面白い場所が多いです。もっとアピればいいのに。

今、上一宮大粟神社社報が面白い!!!!

f:id:awa-otoko:20190321191956j:image

どうも。awa-otokoです。ちょっと思うことがあって久しぶりに上一宮大粟神社に参拝して参りました。

f:id:awa-otoko:20190321192148j:image

相変わらず社殿から発散される神氣は強くて畏まってしまいます。さて早速本題なのですが、拝殿の昇降口の机上に「上一宮大粟神社社報」が閲覧できるのはご存知でしょうか。こちらの内容、さらさらっと読み流してしまってはいけません。とても重要な内容が書かれているからです。

気になる方は自ら参拝して内容を確かめれば良いのですが、参拝できない方もいらっしゃいますでしょう。そこで親切なawa-otokoが貼って進ぜましょう。ww (早速社報第1号は冒頭に貼ってあるぜ。とりあえずは第1号から第3号まで発行されてます。)

下記にawa-otokoが内容をざっくり抜粋していますが考察はしていません。ホントに興味がある人はきちんと原文を読んで自らの解釈を導きだす可し!!

f:id:awa-otoko:20190321193205j:image
f:id:awa-otoko:20190321193213j:image

社報第2号には境内摂社 粟神社と天石戸別豊玉比賣神の存在、本殿より左手上にある秋葉神社火産霊神(ほむすびのかみ)と大宜都比売命の関係、さらには阿閉御祖神(あへ(べ)のみおやのかみ)が上一宮大粟神社を創始した等々。


f:id:awa-otoko:20190321193217j:image
f:id:awa-otoko:20190321193209j:image

社報第3号は葛倉神社こと腰の宮神社の秘密。祭神は事代主神。しかも大宜都比売命の夫神と書いてます。そして腰の宮は阿波における「元えびす」、恵比寿神社の元社であると!(通町えべっさんの元社つーことですよ。)こちらは過去にリークした内容ですからあまり驚きもなし。但し、神社社報で書いているのは攻めているなぁと思いました。

はい!ここからが重要!!

上一宮大粟神社以前に存在した境内摂社 粟神社の祭神とは「大物主神(おおものぬしのかみ)」、

真名井社こそ大粟山原初の水の神、「天石戸別豊玉比賣神(あめのいわとわけとよたまひめのかみ)」

であると。。。ちょっと衝撃が隠せません!!!!

そのほか文中にはまだまだ伏線が隠されているみたいで… 

f:id:awa-otoko:20190321195619j:image

その後、興奮覚めやらぬawa-otokoは天辺ヶ丸から出雲神社を眺めて気持ちを落ち着かせて帰りました。

社報についてはどこから引用したのかソースはともかく、社主(神社)自体がここまで突っ込んだ内容を報じていることに驚きました。たぶん古書にも記されていない内容でしょう。これは社報を読んで勉強させて貰うしかありません。今後の上一宮大粟神社社報の内容に期待ですね。

最近全然研究していないawa-otokoによるリークのリークでした。(^ ^)

謎の神代文字:トホカミエヒタメ・スエキアワカミの幟

さて今回は番外編。

船盡神社に伝承されていた二本の幟(のぼり)を確認する機会がありまして…ちょっと調べてレポート書いてみました。(もちろん結論など出ているはずもなくこの点を考慮して読むなら読んで欲しいと思います。)

f:id:awa-otoko:20190224192914j:image

幟は長さ7メートル、幅約60センチ、二本とも木綿の布地を使用している。現状傷がはげしく各所に破損した穴を補修した箇所が見受けられる。幟には謎の神代文字が書かれているが船盡神社には幟に関する資料はほとんど残されていない。

f:id:awa-otoko:20190224205356j:image(船盡比賣神社)
f:id:awa-otoko:20190224205351j:image

f:id:awa-otoko:20190224195607j:image

幟は100年に1度の周期でつくり替えられと仮定。神代の時代からであると数十回は作り替えられているだろう。現状の幟には修復した箇所には一字の抜けがあるという説ある。(後述)作り替える際は神代文字を理解しない氏子が総がかりで取り掛かかったため多少変形した文字として置き替えられたり、文字抜けも発生したのではないか。それが幾度となく繰り返されるうちに当初の文字とは全く違う文字になってしまったことが考えられる。

f:id:awa-otoko:20190224195448j:image

過去の新聞記事(上:写真)では日本古代文字研究家は、「スエカアワ(もしくはワ)カミ」、「クマ(ワ)カヤミ(イ)ヘフ」と読めるが意味は通じない。その他「朝鮮文字だが現在使われていない文字があったり、△が◯になったり、全く意味が通じない。音読みにすればカオアタヒ、クアカタイヘフ。何か宗教的な意味があるのでは」と推論している。

f:id:awa-otoko:20190224202722j:image

左:スエカアワカミ、右:クマカヤミヘフ

地元では「昔は意味が通じていたのに、何回も書き写すたびに字が変わり、趣が違ってきたのではないか。それにしても不思議だ。」と書かれている。

f:id:awa-otoko:20190224203246j:image

しかし、ソースは定かではないが船盡神社に伝わる神代文字の幟は「トホカミエヒタメ」「スエキアワカミ」と判読されると説く内容を見つけた。

f:id:awa-otoko:20190224203613j:image

著者 地中 孝 「神山の啓示録」である。

超古代に於いてエビス人と稲飯王が宝船で到着した最終地点を船盡の地とし、当時の神代文字が神社の幟として伝承されてきたもの他ならないとする。「トホカミエヒタメ」は稲飯王を讃える祈祷文、「スエキアワカミ」は事代主命としている。

f:id:awa-otoko:20190224210511j:image

確かに鮎喰川は太古の昔には水位が予想外に高く、帆掛け船が入っていたという伝承も聞いたことがある。また船盡比賣神社付近は高天ヶ原との境界線であるとも。

地中氏の説(幟の判読も含めて)についてはソースが定かではないため結論付けは出来ないがひじょうに面白い論ではあると思う。(出典が不明なので肯定してないけど。否定もしてない。)

そもそも神山町神代文字が伝わっていること自体が素晴らしいではないか。是非とも幟を管理している船盡神社氏子間で解読して欲しいものである。(いろいろ解読に協力する研究者は声かけてたら出てくると思いますけど。)

 

f:id:awa-otoko:20190224214335j:image

という事で今回このような貴重な機会を企画していただきましたS様と皆様、そしてお誘いしてくれたG様、この場を借りてお礼申し上げます。ではでは。