awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

加茂島 二つの人丸大明神

f:id:awa-otoko:20210103230523j:image

これまで柿本人麻呂島根県石見に流されと考えられている。島根県益田市(旧石見国)ではこれを既成事実としてとらえ高津柿本神社で人麻呂の偉業を称えているのだ。また兵庫県明石市柿本神社はどうか。島根県兵庫県共に阿波の古い地名が残され、そのまま使用されているためにこのような解釈も仕方ないことなのかもしれない。

そんな時、awa-otokoは偶然見つけてしまった。とある郷土誌で…

立割(那賀郡那賀町谷内立割)の氏神が人丸神社であり、辺川谷(那賀郡那賀町平野辺川)にも人丸神社が祭祀されていた。

不思議なことに柿本人麻呂を祀る神社が同地域に二社が存在した記録が残ります。

しかも立割地区では人神社が氏神として祭祀されていたとのことで、そこそこ規模は大きくて資料、フィールドワークから調査しやすいのでは?と期待に胸が膨らみます。

f:id:awa-otoko:20210103232159j:image(赤枠内が那賀町谷内立割)

f:id:awa-otoko:20210104215832j:image

f:id:awa-otoko:20210103232115j:image(赤枠内が那賀町平野辺川)

今回のフィールドワークで確認したのは那賀郡那賀町谷内字に鎮座する八幡神社

これは以前に投稿した蔭ノ宮神社と境内を共有する谷内の八幡神社です。神社誌では祭神が品陀別命、息長帯比賣命、大雀命(相殿)人丸大神とあります。(大神ぞ‼︎ 別格って感じ‼︎)

awa-otoko.hatenablog.com

やはりこの谷内の八幡さんが神社が柿本人麻呂を祭祀する神社であることは間違いないみたい。(※ 以降、谷内の八幡神社を谷内の人丸神社と記載)

f:id:awa-otoko:20210104000221j:image
f:id:awa-otoko:20210104000214j:image
f:id:awa-otoko:20210104000218j:image

他にも文献を調べてみますと、どうやら元々鎮座していた人丸大神(祠)に八幡祠を後から合祀したとのこと。(これ大事‼︎)

f:id:awa-otoko:20210104000505j:image
f:id:awa-otoko:20210104000512j:image
f:id:awa-otoko:20210104000459j:image
f:id:awa-otoko:20210104000456j:image
f:id:awa-otoko:20210104000508j:image

これに伴う内容として阿波志では「人麻呂祠 谷内村に在り 貞治元年に置く 又柏木祠八幡牛王祠あり」と記載があり、貞治元年は1362年ですからその前後で(深い山の中にあった)立割地区の人丸神社を当地谷内に移遷したのではないかと考えてみたり。。。

理由として谷内村の中心に人丸神社を鎮座させることにより立割地区の他、北側の辺川からでもアクセスしやすい立地条件となっていると感じたから。(勝手に。)貞治元年より立割から規模を広げて谷内村全体の氏神として祭祀されたのではないでしょうか。(これ、あくまでawa-otokoの推測。)

f:id:awa-otoko:20210103233114j:image(赤枠内が谷内村)

 

ところでもう一つの辺川谷鎮座の人丸神社は???

f:id:awa-otoko:20210104214953j:image
f:id:awa-otoko:20210104214958j:image

辺川地区もフィールドワークしてみました。

見つけたのは邊川神社…

谷内の人丸神社の真西に位置し目と鼻ほどの近距離で余裕で歩いて行ける距離です。邊川神社を社名としていることから辺川の氏神でしょうか。。。(いや氏神だろ。。。)

f:id:awa-otoko:20210104215616j:image
f:id:awa-otoko:20210104215620j:image
f:id:awa-otoko:20210104215611j:image

邊川神社を参拝して気になったのは社殿の向き。

邊川神社は正面西向き東拝で鎮座し、邊川神社で手を合わせると自ずと谷内の人丸神社を拝している

という条件下で意図的に配置されているように思われます。

あとは農村舞台。邊川神社にも立派な農村舞台が設置されています。谷内人丸神社にも立派な農村舞台があるのになぜ二つも必要なんでしょう???柿本人麻呂を祀る神社では文化人が集い、和歌の上達などに霊験がある存在として歌会に人麻呂の絵姿と歌を掲げ、歌の上達を祈願する人麿影供(えいぐ)、さまざまな文化の催しが行われるようになったそうで… それが農村舞台に繋がったとか、繋がらなかったとか… 謎だ。)

ともかく言いたいのは、邊川神社も本来は辺川谷の人丸神社だったのではないかということ。

その他にも、柿本人麻呂の詠んだ歌から背景が阿波国であること、当地の古地名が島根郷岩見だったという情報、勝浦町出身の海人族柿本家… いろいろパラレルに調査し柿本人麻呂は阿波で一生を終えたというパズルのピースを繋げたかったのですが…

ギブアップ‼︎ぴえん。(@_@)

正月休みが終わるということでモチベが上がらない!!!まぁ去年末からブログ投稿を再スタートさせたことでだけでも自己満かな。今年もマイペースでやっていこうと思います。ではでは。

阿波井大明神 隠された廟

f:id:awa-otoko:20201229223453j:image

阿波井大明神

天正中自古影谷移旧作粟井或曰西粟凡直之廟成

f:id:awa-otoko:20201229223455j:image

awa-otokoです。今回は長々と書きませんよ。上記に示した通りです。もともと阿波井神社があった影谷には粟凡直の廟があったそうです。

ソースは小杉椙邨が残した資料から。当社の祭神が大宜都比売命天太玉命であるヒントと捉えて良いと思います。

阿波氏族を示す文字資料として902(延喜2)年、律令に基づいて書かれた平安期の「田上郷戸籍断簡」がある。氏族の多い順に凡直、粟凡直、家部、物部、服部、矢田部、海部、秦、宗我部、綿部、建部、葛部、忌部、飛鳥部、上主寸、伴、許世部で、当時板野郡で位階を持っていたのは郡領の粟凡直と凡直、忌部である。古代から平安期においても板野郡域に粟凡直・忌部が多く居住したのは海が近く、岐(港)になる場所の条件が良かったこと。都を大倭に移した後も交流が盛んであった。阿波井神社からの粟凡直・忌部氏族の動向は、兵庫県南あわじ市に当社分霊社の阿波井神社が鎮座する。そこから大宜都比売命天太玉命天日鷲命)を追えば何らかの手掛かりは出てくるでしょう。興味がある方は調べてみてはいかがですか?

バルナの宮殿(住吉神社・水天宮・磯部神社・大塚神社)

f:id:awa-otoko:20201222221110j:image

どうも。awa-otokoです。

阿南市中林町 北の脇海水浴場の北側にひっそりと鎮座する神社群をご存知でしょうか。(地元の人しか知らなんわな。。。わかりにくいし。)で、北側から住吉神社、水天宮、(あいだに南無大慈大悲観世音菩薩の建物)、磯部神社、大塚神社が寄り添うような配置で鎮座しておりまして、当地には拙ブログを閲覧しにくるようなマニアックな人達が大いに興味をそそる由緒書きをみることができるんですよ。

それでは二つの看板が設置されているうちの一つめ。住吉神社と水天宮(二社)から。

f:id:awa-otoko:20201222222404j:image

二社神社の歴史

日本の神話がはじまるはるか昔・・・自然界の秩序を守る神、天神の海原に住み、のちに水の神となったバルナという神がいた。インドからこの地にきて水天宮とよばれるようになった。バルナの宮殿は海の底の山、プシュパギリにあり、マラカというウミガメにのってこの地を見守っている。

日本神話の時代・・・

イザナギの神が黄泉の国から戻ってきて禊をした時に住吉の神がうまれた。

その後産土の神として、この地に住吉神社が建てられる。住吉神は荒御魂(人間の生活をよくするために果敢に活動する御魂)和御魂(平和をもたらす御魂)を持った神であり、この地の海上の守り神として今なお君臨する。

バルナ=ヴァルナ (神) - Wikipedia ですね。インドの最高神であるヴァルナは看板の記録の通りに海上の神、また蛇と関連があり、ナーガの王と呼ばれる側面もあるようです。各地の水天宮は「水天 =ヴァルナ」を祀ったものでしたが、現在に至っては水天宮の祭神は天之御中主神とされているところが多いようです。これはヴァルナ神の元々の神格が最高神、始源神であったことによるものとされています。

そんなヴァルナが当地でウミガメに乗ったまま見守っているらしいですわ。(普通はここで浦島太郎か珍彦の話をするのですが違うのですよ。ふふふ。)

で、もう一つ住吉の神のお話。住吉三神 - Wikipedia 当地はイザナギが禊を行なった「竺紫(チクシ)の日向の橘の小門の阿波岐原」なる伝承もあり、こちらの説明もそれに連なるヒントとして捉えることもできると考えています。

awa-otoko.hatenablog.com

f:id:awa-otoko:20201222231125j:image(扁額)
f:id:awa-otoko:20201222231122j:image(お社)

そして二つめ。磯部神社と大塚神社。(こちらも二社です。)

f:id:awa-otoko:20201222223518j:image

二社神社の歴史

西暦200年、神功皇后が住吉の神のお告げにより、この地を通ってしらぎ攻略(朝鮮)して凱旋し、くまそ(九州南部)征服に向かい筑紫(九州)で応神天皇を無事に産んだ事にあやかり大塚神社が建てられる。

安産と平和の神である。

西暦500年頃、九州と交流のあったこの地に磯部神社が建てられる。住吉の第五、第六王子は磯部神社に合祀され、海の幸をもたらす神への祭祀が中心の神社である。此花咲くや姫ともゆかりが深く、桜、相撲、神馬(白馬)などで祭り、奉納する。

神功皇后が住吉の神のお告げにより… ということから水の神であるヴァルナの宮殿が存在した当地に立ち寄ったのでしょうか。さらに県南の海部でも凱旋パレードの様子が御神歌として残されていますから。たぶん寄ったのでしょう。(いや寄ったんだぞ。汗)

awa-otoko.hatenablog.com

f:id:awa-otoko:20201222232911j:image
f:id:awa-otoko:20201222232907j:image
f:id:awa-otoko:20201222232918j:image
f:id:awa-otoko:20201222232914j:image
f:id:awa-otoko:20201222232905j:image

大塚神社と磯部神社はなんとなく後付け感が否めないのは気のせいかな?住吉神の第五、第六王子を祭祀している部分は着目かもしれませんね。もう情報がごった返して収集がつかなくなるのは必至。そそくさとawa-otokoが今回伝えたい内容に進みます。

で、ご鎮座の早い順から時系列で並べてルーツを想定すれば、水天宮(バルナの宮殿)→ 住吉社→ 大塚社→磯部社ってところでしょうか。

やはり伝承の発端としてバルナの存在が挙げられます。「バルナの宮殿は海の底の山、プシュパギリにあり、マラカというウミガメにのってこの地を見守っている。」この内容から気になったのが、当地に隣接した亀崎(かめさき)の地。亀だけに‼︎

くだんの神社群がある北の脇海岸:中林漁港から北上すると中林海岸、さらに淡島海岸:亀崎漁港があります。そこでこの地図写真をご覧くださいな。

f:id:awa-otoko:20201223113051j:image北の脇、中林、淡島の海岸写真

同じようにフルードMAPの写真をみると、、、

f:id:awa-otoko:20201223113147j:image

f:id:awa-otoko:20201223113129j:image

淡島海岸 亀崎漁港の南のこんもりした岬。昔は亀の姿に見えたのかもしれない亀崎。いや、亀崎(かめさき)は、神の岬(かみさき)が訛化したものだったかもしれない。また語呂合わせか‼︎ で、紀元前元前の水位であれば亀崎の先端は海の底。どうやら亀崎の地が伝説のプシュパギリであり、マカラという海亀なのではないだろうか。この亀崎の地にバルナの宮殿が存在した…(かもしれない。)古代神の旧蹟が発見されるかもね。

バルナとは、アメノミナカヌシか、イザナギか、住吉神か、はたまた別の神かは誰も知ることがないことですがそこを突き詰める材料が出てくれればゴールは近いですがね。

はい。久しぶりにawa-otokoの妄想を爆発させてしまいました。看板の伝承だけで。ははは。ご愛嬌。このつづきはあるかもしれないし、ないかもしれない。久しぶりに書いてみたかっただけなのかも。

 

おまけ

当地は伊弉冊神が禊をした地という伝承を前述しましたが、北の脇海岸の南にはあこめ海岸が隣接します。(まぁ、 "あこめ" については言及を避けますわ。)

f:id:awa-otoko:20201222233315j:imageあこめ海岸に鎮座する竜宮神社
f:id:awa-otoko:20201222233311j:image神社に行くまでの道がめっちゃ狭いぞ‼︎

ここもねぇ、とっても気になる場所なんですよ。なんかすんごい雰囲気なんですよ。やばいわ。見ためはごろた石の普通の海岸なんですけどね。竜宮神社の由来、誰か調べてよ。

阿波志妙という郷土史

f:id:awa-otoko:20201208150724j:image

【抄録】しょうろく
原文から要点を書きぬき。ぬきがき。特に学術文献などの内容の要点をぬき出して短くまとめた文章のこと。

 

どうも。awa-otokoです。

今回紹介する「阿波志抄」は、阿波志に記載されている内容から要点を書き抜きした文献です。でもね。これがまた面白いんですよ。特に上巻!!(阿波志抄は上中下巻あり。)ということで上巻目録から面白い項目だけピックアップしてみました。ごくごく簡単にね。(面倒だから詳しい中身には触れませんけどね。ふふふ。)

f:id:awa-otoko:20201220230955j:image

一、伊豫二名島一身四面毎有り。粟国(阿波国大宜都比売命の事。一、天日鷲命の御事。みんな大好き大宜都比売命天日鷲命のことが記載されていますよ。


f:id:awa-otoko:20201220230958j:image

一、菅原朝臣清公兼阿波守の事。一、安徳帝阿波の祖谷へ御安座の事。菅原云々名西郡… とか、安徳帝が何故阿波に… 拙ブログ記事にあげてますので興味がある方は読んでみてください。


f:id:awa-otoko:20201220231001j:image

一、平判官康頼麻植郡森藤村に居城の事。一、土御門院阿波にて崩御の事。個人的には康頼が安堵した地が森藤。木屋平の小屋の内裏の地名も森遠… んー、偶然の一致なのかしら??土御門院の足取りもねぇ…調べてみたらねぇ…

 

さて以上の項目、一つ一つが踏み込んで書いてけば、どえらい(すまん。阿波弁使って。どえらい=とてもびっくりするの意)内容と容量になります。これから阿波のことを綴るブログを開設したい人はこの文献を使えばいい内容のスタートがきれますよ。たぶん。

あとね。とある人達に、とあるお願いをされたので以下の資料も出します。(あまり気が乗らないけど。)「和名類聚抄巻第七 源順撰 阿波国九郡内の説明書き」です。もちろんこれも阿波志に含まれている資料です。

f:id:awa-otoko:20201220233616j:image
f:id:awa-otoko:20201220233618j:image
f:id:awa-otoko:20201220233622j:image
f:id:awa-otoko:20201220233626j:image
f:id:awa-otoko:20201220233629j:image
f:id:awa-otoko:20201220233631j:image

この内容を、この文献を、どうしても自分で説明したい人がいるみたいなので、この中の解釈はその人の口から語られることでしょう。(ただ、当人がこの記事をみたらの話ですけどね。)ちなみにこの阿波志抄、図書館でもネットでも閲覧可能ですので興味がある方は目を通しておいて損はないのではないでしょうか。

安徳天皇を追いかけた女たち

f:id:awa-otoko:20200405214129j:image

コロナウイルス感染拡大による不要不急の外出自粛要請が全国的に発令されていましたが如何お過ごしでしょうか。今回は安徳帝と関わりがある女たちにスポットをあててみました。(というか書きかけデータをずっと残していたため今回消化するのが目的。)それでは進めます。

【❶.建礼門院徳子】

まずは建礼門院ととりまきの女達。(建礼門院徳子の詳しいことはwikiで見てくださいな。)平徳子 - Wikipedia 

kotobank.jp

寿永四年、屋島の戦いで脆くも敗れた宗盛以下の平家一門は西国さして落ち延び、勢力を盛り返そうとしましたが、長門国壇ノ浦の戦いにとどめをさされ幼帝安徳天皇二位尼の懐中に抱かれて御剣と共に入水せられました。しかし入水した安徳天皇は替え玉であり、本物の安徳天皇は忌部大宮司家 麻植氏の手引きにより阿波国の忌部郷に落ち延びていたのであります。(諸説あり。)

awa-otoko.hatenablog.com

建礼門院徳子も二位尼安徳帝を追って入水した(かのようにみせた)けれども、源氏の兵に舟にあげられて命をとりとめました。そして京都で出家して余生を過ごしたとありますが、実は阿波の三野町大字太刀野 吉野川段丘沿いの竹藪に建礼門院の墓と伝わる二尺程の五輪塔が存在します。この場所は以前から確認していましたが国道から近いので行く気になったらいつでも行けると思って安定の行かずじまい。最近国道の側に駐車してDASHで確認してきたのでした。

f:id:awa-otoko:20200405221945j:image

ちょっと見にくいけど建礼門院五輪塔の看板。国道沿いに大きな看板があるのでわかりやすいです。
f:id:awa-otoko:20200405221940j:image

f:id:awa-otoko:20200405221644j:image

解説板より
■伝承「建礼門院五輪塔」の由緒 

建礼門院とは、平清盛の次女「平徳子」の称号。徳子は、承安2年(1172年)高倉天皇中宮になり、治承2年(1178年)、後の安徳天皇を生み、寿永2年(1183年)7月の平家都落ちには幼帝安徳天皇とともに同行、元暦2年(1185年)3月、壇ノ浦(下関市)の海戦で入水、助けられて帰京の後は、吉田野津御所などを経て、大原寂光院左京区大原草生町)に移って仏に仕え、建保元年(1213年)、12月13日、享年60歳を以てその生涯を全うしたこととなっている。

しかしながら、壇ノ浦(下関市)の源氏と平氏の海戦で、御生母建礼門院徳子とともに入水したと伝承される安徳天皇は、替え玉であって、実の安徳天皇屋島の合戦に敗れて瀬戸内海を西走する一行から離れ、平国盛(教経)に伴われて海上を東に向かい、香川県の引田に上陸して讃岐山脈を西に向かい三野町琴南町の県境「大川山(1042m)」を経て、三野町の馬瓶集落に下り、河内谷川沿いの川又集落を経て吉野川の北岸、ここ三野町太刀野に至り、さらに吉野川を南岸に渡り、二手に分かれて三加茂町の鍛治屋敷から加茂谷をさかのぼったり、井川町の井内容を遡上したりして四国山脈に分け入り、寒峰の鞍部を通って、秘境祖谷地方の大枝名に落ち延びたといわれる。

建礼門院徳子とて、幼帝安徳天皇を案じ、京にはいたたまれず、替え玉を残し、女官とともに安徳天皇の後を追ってここ三野町太刀野に至ったが、吉野川の洪水に渡川を阻まれているうち不幸にもご逝去、この地に葬られる。一方、安徳天皇も秘境祖谷の地において無念にも崩御され、火葬に付されたのである。

平国盛(教経)らは、安徳天皇の御生母建礼門院徳子が眠っておられるお近くに帝の分霊を御祀りするべくここ三野町太刀野の地に到着、近くの松尾神社を仮の御奉安所とし、後に、背後の高台にささやかな陵(みささぎ)を築造安置して、ここに安徳天皇及び御生母の御安寧するところとなったと伝承され、村民心底から厚く御霊を崇拝し今日までの800余年間ひそやかに、しかし、我が子を思う慈母の証として守護信奉し至ったのである。

平成の今日、我が国の平家琵琶演奏第一人者上原まり氏も参拝されるなど平家落人伝説を思慕する大方の要望に応えるべく太刀野老人クラブのボランティアによって参道及び周辺を整備するとともに案内板及び「由緒」を建之し、以て安徳帝及び建礼門院の御平安を祈念し奉る次第である。

平成15年(2003年)錦秋 三野町三野町教育委員会

f:id:awa-otoko:20200405222025j:image
f:id:awa-otoko:20200405222022j:image
f:id:awa-otoko:20200405222018j:image

この五輪塔吉野川の孤島であった「沖の森」から移したと云われており、古文書によれば屋島の戦いに敗れた平家の一部は「讃岐国白鳥を経て、阿讃国境を峰伝いに越え、大山に出で…」とあり、太刀野山から吉野川を渡り祖谷から剣山に至ったと考えられています。

また解説板にもありますが、元暦二年卯月に安徳帝を案じて建礼門院三野町太刀野の舟戸までたどり着きましたが、吉野川の大水で阻まれて渡ることができずに太刀野の通称 泉の佐古に庵を結んで一生を終えたと伝えられています。(朱記にある地名より当地が如何に吉野川に接近した場所であったのかが推測できます。そして大水はずっと大水のままではないのでそこが怪しい。)

余談ですが、昭和のはじめに吉野川南岸の三庄町で笄(こうがい:櫛(くし)みたいなもん。)と思われる純金製の金具に建礼門院と彫られたものを畑の中で拾った記録が残ります。拾った笄は土地の祠に祀っていましたが、いつの間にか盗まれてしまったそうです。

建礼門院吉野川を渡れずとのことでしたが、建礼門院の命を受けた阿波の局他四名の女官達に錦の着物を携えさせ安徳帝の後を追わせたそう。厳しい山越えを断念した建礼門院は自らの笄を追手に携えさせ我が子に安否の印を渡すことを委ねたのかもしれませんね。(当時の便宜上なのか建礼門院吉野川を渡っていないことをやたらと強調しているのが引っかかります。)

【❷.朧の御方】

さて、ここから大太子神社の伝承へ移行します。大太子神社は貞光町から剣山方面へ進み、一宇を経由して途中木屋平方面へ向かう山中に鎮座している神社です。ここにも大きな看板が掲示されているので気をつけていれば通り過ぎてしまうということはないでしょう。

f:id:awa-otoko:20200405231149j:image

大田石の伝承では文治元年、建礼門院徳子と妹の朧の御方(注: 朧の御方では情報がありません。廊御方が同人の可能性がありますが、ここは伝承通りに朧の御方で進めます。)は長門ノ国の壇ノ浦で身を投げたが源氏の船に引き上げられ命を存え、先に逃れていた安徳天皇の安否を確認すべく、朧の御方はお付きの女官と共に祖谷を目指しました。しかし当地で精魂尽き果て、和歌を一首朗詠して石に錦を敷いてその上で自害したとされています。(三野町建礼門院の墓での由来と多少異なり、建礼門院の妹である朧の御方が安徳天皇の探索にあたったとされています。)

ja.wikipedia.org

f:id:awa-otoko:20200405232015j:image
f:id:awa-otoko:20200405232019j:image

朧の御方とお付きの女官達は、「 風とどけ 想いを帝に逢田意思(おうたいし)果つる名残りは 都恋しそ 」の辞世の句を詠み、安徳天皇に逢うたと思い込み自害をして果てたとされているのですが、、、実は安徳天皇と再会したという伝承も同じく残されているのです。再会した石「逢うた石」が近世まで存在していて、これが当社「王太子(おうたいし)」の由来となっているのですから。

この内容からawa-otokoが推測するに三野町から大太子神社まではゆっくり歩いても三日から五日の間で到達する距離であり、馬を使えばさらに早く到達することが可能。時期が冬季でなければ積雪量に問題がない場所です。よって、木屋平(もしくは祖谷)に潜伏していた安徳天皇(の側近)と建礼門院(の側近)が事前に示し合せて当地で落ち合い、気持ちを句にして伝えたものではないかと考えるのです(確証はないですが建礼門院当人が当地に訪ねたことも可能性としてアリだと思います。そもそも建礼門院が京から阿波に降ったとして、その行程を考えれば三野町から貞光一宇までは容易な行程です。)

さて、里人は朧の御方のほか四名の女官を剣山末社 太田石五社大明神の祭人としておりおります。また、大田石神社本殿にては天照大神ほか、忌部祖神である天太玉命を祭祀しています。これを建礼門院徳子の繋がりから深く掘り下げて考えれば、あのお方の関与を想像するのは難しいことではございません。

そのお方とは、、、

阿波内侍(あわのないし)。

【❸.阿波内侍】

kotobank.jp

阿波内侍は冒頭で紹介した建礼門院徳子に仕えた女官であり、のちに崇徳院の妃となるこの女性は大きな秘密を抱えて出生したのでした。

f:id:awa-otoko:20200412223357j:image

f:id:awa-otoko:20200412223433j:image
f:id:awa-otoko:20200412223425j:image
f:id:awa-otoko:20200412223429j:image

阿波ノ内侍は藤原信西の女なれども母は阿波忌部大祭主麻植正光の娘たるに阿波内侍と云天皇讃州白峯にて崩御の後よつて天皇の志を汲んてだいに憤り法体して天円法師の弟子となり内心には天皇の恨有悪人を蹴殺し玉へと、天竜八部を始め日本国中の霊神に祈りけれども表は天皇菩提の為と被露しければ当今の帝□之一宇ノ堂を創立して内侍尼を置奉る其後崇徳院の神霊内裏に現れ御身に仇をなせし人々皆恐怖し遂に悪死しければ天皇の罪なき事は顕はれ宇治禅閣忠実公の所為なりと世には云触らしけるを内侍尼聞賜ひ大に喜ひ我祷る所の願望被に勝ちたりと其堂を願勝寺と号す

阿波内侍は母方が麻植氏の血筋であったことを含めて数奇な運命に翻弄された女性でありました。崇徳院の無念を晴らすべく表向きは祈りとし、内心は崇徳院の恨みある人達への呪詛を送ることを生きがいとしていたことがみて取れます。阿波内侍が名付けた願勝寺の名の由来もご覧の通りですから。(上記引用 緑文字を参照)

と、いうことで源平合戦に敗れた平家一門と最後の頼みであった安徳天皇は阿波忌部大宮司家麻植氏の手引きで阿波国忌部郷に匿われ、その安徳天皇を追った平家の女たちもまた忌部大宮司家との不思議な縁の繋がりから導かれた因縁であったと言わざるをえません。もしかすると、この一世一代の大博打 安徳天皇替え玉事件はこの女たちが裏で暗躍したのではないか...

 

行き過ぎた予想はこれぐらいしておきましょうか。やっと放置していた書きかけデータも文にし終わったので今回はここでキーボードを打つのを止めます。また気が向いたら投稿します。ではまた。(о´∀`о)