読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

もう一つの羽落神社伝説(戦国時代編):東条関兵衛 栗栖の城

古墳、板碑 明神、大明神、権現、大権現 番外編 阿波の伝説 武将 那賀郡

f:id:awa-otoko:20170219224502j:image

前回投稿した羽落神社のスピンオフになります。古代史関係から外れて戦国時代のお話になりますので、興味がない方はスルーしましょうwww

f:id:awa-otoko:20170219231012j:image

桑野駅の東方、小高い丘に羽落神社の飛地境内社として杉尾神社が鎮座しています。当地は万福寺(奥之院)跡であり、往時は本尊として木塚明神、東条関之兵衛(とうじょうかんべぇ)の像を祭祀していたそうです。

f:id:awa-otoko:20170219225423j:image

f:id:awa-otoko:20170219225447j:image

また、明治三十九年には成田不動尊の分霊を勧請して市を開き、不動尊市として多くの参拝で賑わっていたそうです。当地に万福寺が建立される以前は桑野城が築城され付近を統治していました。別名栗栖(くりす)城。(現在は遺構は残されていない。)


今から四百年の昔、甲斐武田氏の流れをくむ東条信綱は甲斐守を名乗り、天文年間に来住して桑野を領していました。信綱の跡を継いだ東条関之兵衛は「武道つよき者」と云われ、五ヶ村を領し巧く里を統治していたようです。

f:id:awa-otoko:20170219225539j:image(本丸跡下鎮座 杉尾神社)

f:id:awa-otoko:20170219225742j:image(本丸跡に繋がる路はかなりの急勾配)
天正の時、長曾我部元親は阿波侵攻の際に栗栖城を攻めましたが簡単には落ちず、元親は和睦に持ち込みます。自らの娘と東条関之兵衛の婚姻関係を結ぶことで剛の者、関兵衛を味方に誘い込んだのです。

f:id:awa-otoko:20170219225802j:image

f:id:awa-otoko:20170219225829j:image
同族となった関之兵衛は富岡の新開氏、木津の篠原氏を攻撃します。また、三好氏との中富川の戦いにも武功を収めました。後に木津城に移りましたが豊臣の四国征伐の際には潔く木津城を明け渡して栗栖城に戻りました。関之兵衛自身は土佐国幡多郡に移りましたが利用価値がなくなったことが理由なのか元親に殺されてしまいます。木津城明け渡しの際に羽柴勢を土佐に誘導した責任とも、関之兵衛の異心があったからとも伝えられています。

f:id:awa-otoko:20170219225904j:image(左右の石門が残る山道)

f:id:awa-otoko:20170219225919j:image(石垣跡?!)

資料では遺構なしとありましたが、城址の山中を散策してみるといろいろ見つけました。やはり古代の城を中世に拡大して利用している城が多いですね。城主であった東条一族は甲斐国に縁故があるとのことで、これは清和源氏新羅三郎義光を祖とするものであり、海正八幡神社新羅三郎伝承に繋がるのではないでしょうか。

阿波で活躍した中世氏族から遡り、天皇家に繋がる源平藤橘の動向を調査するのも面白いですね。時間が許せばこのような視点からも並行して調査してみようと思っています。

それでは今回はこのへんで締めます。ネムタイノデ… ( ´_ゝ`)

忘却の山幸海幸伝説(海幸彦は天牟良雲命編)

明神、大明神、権現、大権現 神の坐す場所 那賀郡 阿波の神社巡り 阿波の伝説

f:id:awa-otoko:20170218233557j:image

f:id:awa-otoko:20170218233711j:image

f:id:awa-otoko:20170218233731j:image

羽落神社 主祭神 天牟良雲命
創立年月不詳。阿波国の開拓祖神として御功績顕著なるに依り、古くより鳥取大権現と尊び参り、寿命守護神悪魔除の神様と信仰四方に聚め御神徳御霊験は厚く、県内は勿論県外より参客あり。燈明千番を献り日夜絶えない。「寛保帳」に「桑野村 帳鳥権現 別当桑野村、万福寺」と。また「阿波志」に「蝶鳥杉尾二祠浦内に在り」とある。(以下略…)

どうも。今回は羽落神社です。

主祭神はなんと天牟良雲命(あめのむらくも)なんです。天村雲命といえば射立神として山川町鎮座の式内天村雲神社が有名です。多次元同時存在、別名同神の法則に当てはめますと、山幸彦(こと彦火火出見尊)を大己貴命に置き換えれば、父神にあたる邇邇芸命素戔嗚命となります。そうすれば海幸彦は異母兄弟の天村雲命に当てはめることが可能となります。(ちなみに思いつきで素戔嗚尊邇邇芸命にあてたのではなく、羽落神社の摂社に八坂祠が存在することも理由のひとつ。)

f:id:awa-otoko:20170218234148j:image

f:id:awa-otoko:20170218234203j:image

f:id:awa-otoko:20170218234215j:image

それだけでは苦しいので天牟良雲命を祀る羽落神社(鳥取大権現)と絡ませながら、かなり強引な個人的見解で進めさせて貰おうと思います。笑笑笑。

天牟良雲命は太玉串を捧持し、邇邇芸命に従って天降った神とされ、天孫降臨の際に葦原中国の水がいまだ純ではないことを高天原へ上って伝えた。天照大神から授けられた天忍石長井之水を八杯玉鋺に入れ、食国に降りて邇邇芸命に奉告した。この時、天牟羅雲命に天二上命(あめのふたのぼりのみこと)、後小橋命と二つの別名を授けた。天牟良雲命は「新撰姓氏録」に明日名門命三世孫、額田部宿禰の祖と記されている。

かなり中身を端折りました。肝心な部分は額田部宿禰の祖であるというところです。額田部宿禰は角凝魂命の末裔であり、鳥取部・鳥取氏に繋がります。羽落神社の元名「鳥取大権現」のルーツを遡って考えてみる訳です。

f:id:awa-otoko:20170218234424j:image

f:id:awa-otoko:20170218234438j:image出雲大社

鳥取部氏は鳥取県の由来にもなっているのだそうです。また、鳥取神を大国主命の妻である八島牟遅能神(やしまむじ神)の娘としている説もあり、大国主命との間に鳥鳴海神を産んでいます。 このような背景より羽落神社の飛地境内社として出雲大社が鎮座しているのかもしれないですね。

f:id:awa-otoko:20170218234510j:image愛宕神社と八坂神社)

という訳で、天牟良雲命を海幸彦に比定したかった部分は情報が少なくて細かく証拠を挙げることができていない状況ですが、鳥取部氏からの繋がり、天孫降臨からの葦原中国、そして山幸彦(大己貴命=彦火火出見尊)、海幸彦(天牟良雲命)の大きな手がかりが、この羽落神社から少し出てきたのではないでしょうか。

f:id:awa-otoko:20170218235109j:image

 f:id:awa-otoko:20170218234943j:image(杉尾神社)

f:id:awa-otoko:20170218235047j:image(羽落神社と杉尾神社の扁額?)

f:id:awa-otoko:20170218234953j:image(朱赤の本殿)

調査する時間が取れれば、「忘却の山幸海幸伝説(豊玉姫編)」に繋げていこうと考えてます。もちろん豊玉姫は天石門別豊玉比賣命ではなく、綿津見豊玉比賣命です。

f:id:awa-otoko:20170218234822j:image

f:id:awa-otoko:20170218234843j:image

f:id:awa-otoko:20170218234917j:image

さて、羽落神社はすごく雰囲気と環境が整っている素晴らしい神社でした。

徳島県南部健康運動公園に駐車して徒歩でも参拝できますし、車でそのまま壱の鳥居まで登れます。県道24号からは杉尾神社前に車を駐車可能です。是非是非参拝してみてください。

f:id:awa-otoko:20170219001852j:image

ちなみに羽落神社・杉尾神社一帯は、来栖城址でもあります。羽落神社の境内(山一帯)は、まさに山城の状況が残っています。戦国武将好きにもおすすめですよ。(゚∀゚)

忘却の山幸海幸伝説(長国ヒコホホ峠編)

阿波の伝説 阿波の神社巡り 那賀郡 神の坐す場所

f:id:awa-otoko:20170212002730j:image

f:id:awa-otoko:20170212004449j:image

神代の古い物語は長国 阿南市新野の廿枝(はたえだ)にひっそりと伝えられていました。当地には彦火火出見(ひこほほでみ)尊がお留まりあそばされた御在所が存在したという伝説が残されています。

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)】

f:id:awa-otoko:20170212003611j:image
彦火火出見尊・日子穂穂手見命、虚空津日高(そらつひこ)。正しくは、天津日高日子穂穂手見命(あまつひこ(たか)ひこほほでみのみこと)と言う。さらに火遠理命(ほおりのみこと)、山幸とも呼ばれる。神武天皇の祖父に当たる人物である。兄は海幸の火照命(ほでりのみこと)。この二神は海幸山幸神話を展開する。海幸彦としは海で漁を、弟は山幸彦として山で狩りをしていた。ある日兄弟は道具を交換し、海幸は山へ、山幸は海にでかけた。山幸は海幸の大切な釣り針をなくしてしまう。山幸は代わりのものを作って返すが、兄が受け取らなかったので海辺で泣いていると塩土老翁が現れて無間勝間の小船で海宮に行かせる。そこで豊玉毘売と結婚する。3年のあいだ楽しく暮らすが、釣り針のことを思い出して憂鬱になった山幸は海神に相談する。すると海神は鯛の喉からなくした釣り針を見つけ出し、「この針はオボチ、ススチ、マジチ、ウルチと唱え、手を後ろにまわして兄に返しなさい。」と伝え、塩満珠と塩乾珠を持たせてワニ(鮫)の背に乗せて地上に送り返した。いわれた通りに呪文を唱えて返すと兄の海幸は貧しくなって弟を攻めたが弟は塩満珠で兄を溺れさせ、兄が許しを請うと塩乾珠を使って助ける。そこで兄は降伏し、溺れたときの動作を演じて弟に仕えたという。

はい。伝説によれば彦火火出見尊は廿枝(西地)西山麓付近の地所を御開墾あそばされて食糧をお造りになったと伝えられています。

f:id:awa-otoko:20170212004331j:image

f:id:awa-otoko:20170212003906j:image

開墾西必要な水源は水溜池をお掘りになり、時代が進むのに従って当地の住民が順次大きくしていったそうです。彦火火出見尊所縁の溜池は「神武(かみたけ)溜池」と呼ばれ、さらに「神武池」の谷合いにある峠は彦火火出見尊の御在所があられた場所と伝わります。いつの時代からかこの峠を彦火火出見尊の御名にあやかった「ヒコホホ峠」と呼んで伝えているそうです。

f:id:awa-otoko:20170212004306j:image

山幸海幸の兄弟喧嘩神話は兄の海幸が隼人の祖先、大和朝廷側の山幸が隼人族を支配することの起源神話とされ、このような兄弟争いの神話は異民族、異文化が接触して生じる闘争を軸に作成されたと考えられています。(兄弟喧嘩神話はインドネシア方面に多くみられ南方系神話が起源とされている)

 

さて、今回は阿南市新野町廿枝の彦火火出見尊こと山幸彦伝説をテーマ。なにぶん神代の時代のお話なので考証材料の決定打に欠けます。とりあえず口伝の内容から地名と地理情報を抽出して実地調査をしてまいりました。

f:id:awa-otoko:20170212004756j:image

f:id:awa-otoko:20170212004813j:image

阿南市新野町廿枝に鎮座する皇子二所神社。もちろん祭神は彦火火出見尊。そして地名は宮前… 神社自体の創建は元禄11年(1698)と比較的に遅いです。

f:id:awa-otoko:20170212011117j:image

f:id:awa-otoko:20170212011137j:image

 

皇子二所神社の周囲に鎮座する神社で考えてみましょう。峠越えで山を東に抜ければ大宮神社と椙尾神社が鎮座しています。(こちらの大宮の姫は綿津見豊玉比賣⁈ )

さらに沿岸部を添うように北上すれば塩竈神社、突出した岬状の場所に竜宮神社が鎮座しております。このように山幸が海神宮に行きつくまでの舞台は、徒歩による移動が可能な範囲の中で整ってしまうのです。(強引な結び付けかもしれませんが。)

余談ですが皇子二所神社から向かいの西地名の山を越えれば土御門上皇の行宮跡の御所神社も存在しています。

(阿波に存在する古代天皇所縁の場所には土御門上皇の足跡が残っている。どうも情報が置換されているような感じがする… )

あとは海幸彦は誰なのか?というところです。が、こちらはまたの機会にご紹介したいと思います。

という訳で長ノ国に伝わる山幸海幸伝説。山幸彦こと彦火火出見尊の御在所であった「ヒコホホ峠」編はこのへんでおしまい。まぁエピローグなのでこれくらいの内容の浅ささで大丈夫⁈ でしょうw(笑)このシリーズ、間隔を挟んで長いスパンで考えてます。シリーズ連続投稿しないので悪しからず。

安閑天皇を祀る飛蔵宮

板野郡 明神、大明神、権現、大権現 神の坐す場所 阿波の伝説 武将

f:id:awa-otoko:20170204171449j:image

土成町宮川内の奥に飛蔵山(ひそやま)という山がある。飛蔵山は御祭神として第二十七代 安閑天皇を奉斎する吉野神社が古くから鎮座していたと伝わる。吉野神社は神仏習合の時代に飛蔵宮(ひそみや)または蔵王権現と改称され、山伏をはじめとする修験道の一大霊場として栄えた。近くに大別当、教連寺という字名が残されており、教連寺は蔵王権現宮司であり大権別当は大宮司が居住していた場所であると考えられている。

はい。飛蔵山の蔵王権現参拝してきました。もう身体がぼろぼろです。飛蔵山の位置をきちんと調べずに思いつきで突入したので、鵜ノ田尾峠の旧道に入って山一つ間違えて登ってしまいました。

f:id:awa-otoko:20170204150610j:image(黄:間違えた場所 赤:目的地の飛蔵山頂上 白:目安の鵜ノ田尾トンネル入口)

運良くイノシシ狩りに山に入っていたハンターさんに会って間違いを教えていただきました。ハンターさん曰く、「今は猟期やから危ないよ。猟犬放してるし。それでも行く?笑w」と半分冗談まじりで脅されましたが「ありがとうございます。もちろん行きますわ〜。引き返します。」

f:id:awa-otoko:20170204151850j:image

(引き返した時に撮影した飛蔵山(中央奥))

f:id:awa-otoko:20170204152216j:image

再度鵜ノ田尾トンネル左側旧道からアタック。

f:id:awa-otoko:20170204152249j:image

f:id:awa-otoko:20170204152306j:image

集落跡を抜け、淵を渡って道沿いに進めば…

f:id:awa-otoko:20170204152427j:image(登山口)

f:id:awa-otoko:20170204152652j:image

f:id:awa-otoko:20170204152816j:image(どんどん登ります。)

さて、ここで飛蔵山蔵王権現にまつわるお話を。。

足利時代に七条兼忠という剛の者がいた。時の七条城主である。或る年に旱魃が続き、百姓達が飛蔵宮にて雨乞いの祈祷をしたが、七日間の必死の祈祷にも拘らず雨は降ることがなかった。そこで兼忠は大いに憤り、「万民の苦しみを顧みないのは神霊の在さね社なり。」とし、矢をもって神殿の扉を打ち破った。すると突然暗雲がたちこめ一大豪雨となり雷鳴轟きだした。兼忠は焦って七条城に逃げ帰ったが飛竜があとを追い、宮川内川は大洪水が起こったという。

 f:id:awa-otoko:20170204171559j:image

f:id:awa-otoko:20170204171916j:image

f:id:awa-otoko:20170204171449j:image(参考資料にあった祠建設当時の写真)

飛蔵山の蔵王権現は雨乞い成就の霊験譚を今に伝えています。が、、、安閑天皇譚はどうなったのか?

安閑天皇

日本書紀』では、諱を勾大兄皇子(まがりのおおえのみこ)としている(「まがりのおいねのみこ」とも読む)。 和風諡号は、『古事記』に広国押建金日命(ひろくにおしたけかなひのみこと)、『日本書紀』に広国押武金日天皇とある。

継体天皇の後を受けて、66歳にして即位したが、わずか4年で崩御した。 安閑天皇の治世の出来事として『安閑記』に、関東から九州までの屯倉の大量設置と、41箇所の屯倉の名が列挙され、これに伴う犬養部の設置が記されている。(Wikipediaより)

はっきり申しまして、なぜ土成の飛蔵山に安閑天皇が祭祀されていたのかはわかりません。。。(//∇//)

ただ、引用にある犬飼部に関連する隣山の城王山麓の犬墓地域の存在、また城王山にも雨乞いの神と蔵王権現役行者)が祭祀されており、繋がりが薄っすらと感じられるくらいですか。(理由が苦しい。。。)

個人的には安閑(あんかん)天皇は安徳(あんとく)天皇と間違えられているのではないかということも並行して考えたりしてます。

飛蔵山を囲むように流れる宮川内川には御所の地名、そして安徳帝の他にも土御門天皇の伝説も存在します。

あと、南に位置する神武天皇もね。

という訳で、明確にはお伝えできなかった安閑天皇伝説… 

f:id:awa-otoko:20170204174512j:image

とりあえず現地に行っても解決しないことは百も承知でしたが、こんなパワスポも見つけて癒されてきました。土成町と様々な天皇伝説。何らかの繋がりは在りそうですね。これからの調査結果が楽しみです。 ( ^ω^ )

勝浦日向山の大日孁神

勝浦郡 古墳、板碑 名西郡 神の坐す場所 阿波の伝説 平家

f:id:awa-otoko:20170201222230j:image(気延山 山頂 古墳跡) 

永正年間弥生月のある日、平家の一族である阿佐家の権三郎という人が長奥(那賀の奥)の親族宅へ向かうために祖谷から木屋平を通り、おばこ峠を越えて高鉾の西谷薬師谷を通過していた。日向山(日浦山)の太平に来た時には日が暮れて辺りは薄暗くなっていた。権三郎は特に急ぐ理由もなかったので山の一本松の根元に腰をかけて休んだ。

旅の疲れでいつの間にか眠り込んでしまった権三郎は不思議な夢をみた。夢の中に神が現れ、「私は神の大日孁(おおひるめ)である。阿波国名方郡神山に矢野という所がある。我はそこで待っている。汝がよく我を信じて、日向山の太平の地を開けば栄えること疑いなし。」と申され夢から覚めた。突然の神からのお告げに驚いた権三郎は、急いでおばこ峠を越え阿波国名方郡神山矢野の山の頂上へ向かった。頂上へいってみれば盛土や石で大きく造った大日孁神社の古墳があった。その中からよい石を探して持ち帰り、日向山の田崩の古森に御神体として安置した。これは永正年間から元禄五年九月まで祭祀されていたらしい。元禄五年九月に大荒れや山崩れで平間のワラビセ山南向きの中央に祀り変えをした。その後、明治二十二年頃に願成寺へ祀り変えをしたという。現在は縁結びの神として信仰されており何事でも節分にお願いをすればよく開運すると云われている。

はい。今回は阿波勝浦町の伝承を紹介してみました。話の内容から永正(えいしょう)年間(1504〜1520)にはすでに祖谷から那賀郡、名方郡のほか各郡へと通じる峠道が確立されていたということです。

f:id:awa-otoko:20170201222346j:image(気延山・日浦山を望む)
この伝承で面白いのは、名方郡神山の矢野に大日孁神の古墳が存在したことが語られていること。そして矢野神山の大日孁神を勝浦郡分祀したこと。これより天石門別八倉比賣神社と日浦山には交流は多少なりともあったはずですよね。

f:id:awa-otoko:20170201222958j:image

f:id:awa-otoko:20170201223009j:image勝浦町本八幡神社)


伝承の内容からawa-otokoが推測するに、勝浦町坂本の日浦山が舞台になっていると考えています。日浦山、一本松、大平の地名からです。そして当地には七社七鳥居 中風除けで有名な坂本八幡神社が鎮座していますが、この伝承より坂本八幡神社と天石門別八倉比賣神社の大日孁神には何か繋がりがあるのではないかとも考えています。
勝浦町ではエビス(事代主神)の伝承に隠れて大日孁神(大宜都比賣神)の足跡が残っています。(大宮神社もあるしね。)ちょっと調べてみる価値はあるかも。。。ですね。

あと勝浦町坂本の地名がすごく面白いのです。夷名田とか月ノ久保とか日開谷、黒岩、稲原とか。。。(誰か調査してみませんか???)

それより只今、別の面白い大ネタを見つけてしまってそちらの調査に重点を置いてしまってます。今回の投稿は軽めになってしまいました。

まぁ、二月の第一回目投稿としてはこんなもんでしょう。とりあえずは急がずにボチボチいきます。( ^ω^ )