読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

豊穂ハ豊茂理亦ハ豊成ナドノコトニヤ

名西郡 阿波の伝説 大宜都比売命 古文書

f:id:awa-otoko:20170116223411j:image

続日本紀 延暦二年十二月甲辰阿波人正六位上粟凡直豊穂任國造トアリ、粟国造ノ本姓 粟凡直ナル事ヲ知ル可シ。「豊穂 」ハ「豊茂理」亦ハ「豊成」ナトノ事ニヤ。

続日本紀』(しょくにほんぎ)は、平安時代初期に編纂された勅撰史書。『日本書紀』に続く六国史の第二にあたる。菅野真道らが延暦16年(797年)に完成した。文武天皇元年(697年)から桓武天皇延暦10年(791年)まで95年間の歴史を扱い、全40巻から成る。奈良時代の基本史料である。編年体、漢文表記である。(Wikipediaより)

f:id:awa-otoko:20170116223758j:image(阿波女社祖系図)

一宮社にて伝承されていた阿波女社祖系に図にも豊茂理、豊成の名は記載されています。「大粟宮由来伝記(下巻)」では続日本紀に登場する阿波人正六位上粟凡直豊穂について「粟国造粟凡直 粟飯原氏系図」の系譜にある 豊茂理、または豊成に該当するのではないかとしております。

【粟国造粟凡直 粟飯原氏系図】
伊邪那岐神伊邪那美神 - 撞賢木厳之御魂天疎向津比賣命 - 月夜見命 - 八嶋士奴美神 - 天之冬衣神 - 大国主神 - 積羽八重事代主神・大宜都比賣神 - 若室神 - 天磐門主神 - 健豊神 - 健忍方神 - 多久理比古神 - 八倉主神 - 宇賀主神 - 畠多神 - 佐人 - 賀由比古 - 於志翁 - 屋那男 - 岩肩比古 - 豊長比古 - 里利夫 - 興利比古 - 田茂理 - 豊茂理 - 豊成 - 兼諸 - 経宗 - 忠成 - 忠宗 - 宗長 - 宗信 - 宗國 - 宗広 - 宗堅 - 宗親 - 宗昌 - 宗時 - 宗行 - 宗成 - 明宗 - 満胤

f:id:awa-otoko:20170116224505j:image

f:id:awa-otoko:20170116224541j:image

f:id:awa-otoko:20170116224622j:image

f:id:awa-otoko:20170116224701j:image(粟国造粟凡直 粟飯原氏系図)

粟飯原家は昔より「上山の三日月」といえば国内にだれも知らない者がない家柄。代々当主となるべき者には体の一部に三日月の痣が現れていたと。またその者達は阿波の祖神である大宜都比売命の子孫であり、代々国造として名西山分を支配し、一宮大粟神社の神官をしていたというところはこれまで紹介してきた内容であります。

 f:id:awa-otoko:20170116224248j:image

同紀 神護景雲元年三月乙丑阿波國板野名方阿波等三郡百姓言曰己等姓庚午籍被…(略)此三郡百姓ハ粟凡直姓ニテ粟国造同姓然レバ其百姓ハ此神ノ氏人ニテ今板野阿波名東名西郡ノ地ハ昔ハ此大神之氏地也。

三日月家と同じ祖をルーツとする一族は時代を経て阿波の板野・阿波・名方の三郡に拡散します。板野・阿波・名方郡の人民は神ノ氏人たる粟凡直の末裔であり、当地(上の三郡)は神之氏地と伝えられきました。 

こちらの内容に精通している方はお気づきかもしれませんが、名方郡と板野・阿波郡に挟まれた場所の麻植郡が神(大宜都比売命)の氏地として含まれていません。もともと神代の時代では粟国造粟凡直も忌部氏も同族でした。現在の天石門別八倉比賣神社、大麻比古神社忌部氏所縁の社とされるのは後の時代からの付会も含まれていると個人的に考えています。これに踏まえた内容もおいおい投稿したいですが、、、(いつになることやら… )

とりあえず今回は粟国造粟凡直 粟飯原氏系図の紹介と粟飯原氏に繋がる手掛かりの紹介に留めます。ちなみに豊茂理、豊成の他にも系譜に含まれる畠多神、佐人のどちらかも… 千波足尼だったとか。。。こちらも機会があれば詳しく書きたいですね。

大宜都比売命の夫神が積羽八重事代主命=味鉏高彦根命と比定できるように大宜都比売命の兄とされる天日鷲命の正体が何者なのかを調査すれば忌部の謎(一端ですが)解けますよ。

高彦根山と弘法大師

名西郡 神の坐す場所 空海の足跡 阿波の伝説

f:id:awa-otoko:20170109232010j:image

平安初期の延暦二三年、空海最澄遣唐使の船に便乗し中国の唐に渡った。最澄は翌年に帰国して比叡山延暦寺を開基し天台宗を広め、空海延暦二五年、年号が改元され大同元年となったこの年に帰国し真言宗を広めたのである。

f:id:awa-otoko:20170109232629j:image
空海最澄と同じように宗の開基に際し、総本山を定めるべく各地を物色して回った。そして白羽の矢を立てたのが阿波国名方郡大粟山の高根山の高原であった。

f:id:awa-otoko:20170109233828j:image

f:id:awa-otoko:20170109234100j:image

f:id:awa-otoko:20170109234225j:image

f:id:awa-otoko:20170109232729j:image

f:id:awa-otoko:20170109232825j:image

高根山は神代の昔に大国主神の御子とされる味祖高彦根(あじすきたかひこね)が開いた土地で、古代から当地は高彦根山と呼ばれていた聖なる山であった。総本山を開くにあたり、三千三百尺(約千㍍)の高地に八百と八の谷、八百と八の尾(尾とは尾根)を含めた数百町歩の広大な土地を使用することが原則であり、その条件が高根山山頂付近 通称ハゼの窪と呼ばれる場所にはずばり当てはまっていたようである。

f:id:awa-otoko:20170109232657j:image

f:id:awa-otoko:20170109232747j:image
さて、空海にはいつも身辺につきまとう「天邪鬼」という怪異の者がいたそうで、空海が高根山へ総本山を建設すると決心した時に邪魔をして、谷をひとつ隠して八百と七の谷に変えてしまった。空海は仕方なく此の地を断念して他を探すことにしたが、天邪鬼にはギヤマンの水差しの中に封じ込めるという罰を与えた。弘法大師座像の横に置いてある器がそれである。
空海は再び適地を探す旅に出立し、やがて紀伊国高野山を最適の地と定め、弘仁七年「真言宗開基総本山高野山金剛峰寺」と号し信仰を広めた。この伝承については高根悲願寺の由緒書にも記されて今に伝わっている。こちらについては当山の飲料水が不十分であるため道場建設を諦めて高野山に開いたとされる。

f:id:awa-otoko:20170109232355j:image

f:id:awa-otoko:20170109233255j:image

f:id:awa-otoko:20170109233205j:image

この説に付随しての伝説か、昔は大きな湖であった神領から流れる水が高根山麓の上角から青井夫方面に流れ泡となっていた「あぎのたお」を空海が掘り割った伝承も残されている。

高根山に限らず焼山寺付近でも空海伝説は数多く残されていることから、往時には空海ならびにその関係者が度々当地に訪れ何かしらの計画を立てていたことが推測される。
この伝説が真説であり、当時の治水工事がうまく進んでいれば、粟ノ国 神山神領の地において空海による真言宗大道場が開基され、阿波発心の道場も規模が大きく展開していたのかもしれない。

熊野権現と阿波

明神、大明神、権現、大権現 番外編 阿波の神社巡り 神の坐す場所

f:id:awa-otoko:20170105233042j:image

熊野権現とは熊野三山の祭神である神々をいい、特に主祭神である家津美御子(けつみみこ)・速玉・牟須美(ふすび、むすび、または「結」とも表記)のみを指して熊野三所権現熊野三所権現以外の神々も含めて熊野十二所権現ともいう。(Wikipediaより)

後白河法王が自らの御所である六条殿に設けた持仏堂である長講堂。その所領の中には阿波一宮も含まれていた。後白河法王における熊野信仰はひじょうに熱心であり、長講堂の所領への熊野権現の勧請は必然的であった。

f:id:awa-otoko:20170105234033j:image

各地に設けられた荘園では統治者が崇拝する神社の祭神を勧請することはかなり古くから行われて一般的であったため、阿波国内の長講堂領の阿波一宮の他にも熊野信仰と関わりを挙げることができる。麻植保、秋月荘、河北荘、宍咋荘、那賀山荘である。

 

f:id:awa-otoko:20170105233707j:image

麻植保(麻植御領 現:鴨島町)は平康頼が鎌倉時代初期に勧請したと云われる旧村社 熊野神社


f:id:awa-otoko:20170105232945j:image

秋月荘(現:土成町秋月を中心とした荘園)は南朝 後亀山天皇が当地に日置荘を熊野新宮に寄進、その分霊が勧請されたとされる旧郷社 熊野神社

 

f:id:awa-otoko:20170105232833j:image

河北荘(現:名西郡石井町)は那須与一が勧請した旧郷社新宮本宮神社。

 

f:id:awa-otoko:20170105232703j:image

宍咋荘(現:宍喰町)には熊野権現同体とされ、修験者吉祥院が勧請した旧村社 轟神社。


f:id:awa-otoko:20170105232558j:image

那賀山荘(現:木頭・木沢)には湯浅権守俊明が紀伊から勧請した旧郷社 宇奈為神社。

このように規模が大きく地域を代表する古社が熊野と関わりがあることがとても興味深い。

f:id:awa-otoko:20170105232444j:image

また、そのほかにも焼山寺境内に鎮座する天神七代地祇五代を祭神とする十二社神社もま本来は熊野十二所権現であった。このように阿波国内には熊野と関係が深い修験道のメッカとして繁栄してきたのである。

 

さて、ここから「熊野権現」の本髄に迫ってみたいと思う。
熊野権現の「熊(くま)」とは「能」を指し、本来は神の能力を司る、または神の力を持った古の王を「能(くま)」と呼んでいたのである。

麻などを利用して神が憑依すると捉える神事もこの中に含まれるであろう。「能(くま)」が行う神の舞は「能(のう)」として今に伝わっている。
このような「熊(能:くま)」の如き神通力を得ようとしたのが山伏という修験者であった。特に阿波では衰退した古社の管理など修験者により行なわれていたことが記録されている。

熊野権現に関係する阿波の社の歴史は古い。古の様々な神、王、仏が存在した場所が「熊野」。それらが融合された超神仏が「熊野権現」なのである。

千波足尼(ちはのすくね)。名前の由来

名西郡 番外編 古文書 大宜都比売命

f:id:awa-otoko:20170103214040j:image(栗生野)

国造本紀に云う粟国造とは、軽島豊明の帝[応神天皇]の御世に高皇産霊尊の九世の孫の千波足尼を国造に定められたとあります。
粟国造である千波足尼(ちはのすくね)ですが、とある書にて名前の由来が明記されていましたのでここでご紹介致します。(о´∀`о)ヤッタネ‼︎

f:id:awa-otoko:20170103213737j:image

祖系ニ此名ナシ。按ニ古へ人ニ別名有ヌ可シ。亦千波ハ地名ニテ其地ニ住ミシ故エ別ニ本名ハアレトモ千波足尼ト云ヒシニモアラン。
国造屋敷ノ傳へアル栗生名ノ近辺ニ「千野名」アリテ由アリシ也。尚考フ可シ。

千野ハ柚宮八幡宮大般若経第十七巻奥書云平時嘉慶ニ年𡻕次戊辰楼鏡廾九日於大粟山千野坊◻︎海書寫畢云云トアル地ニテ古キ地名也。今坊ハナシ。

f:id:awa-otoko:20170103214244j:image(栗生野の御墓)

粟国造本館があった栗生野の近くに「千野(ちの)」という地名が存在していたらしく、その「千野(ちの)」より「千波足尼:ち(は)のすくね」と引用されたと記されています。

なんかくるしい言い訳のような説明にもとれますが、まぁひとつの手がかりとして受けとめて貰えればありがたいですね。(^人^)

阿波と安房の由来は「粟」。

千波足尼と千葉は「千野(ちの)」から… かもしれないですね。

2017年 明けおめことよろ。

番外編 神の坐す場所 大宜都比売命 明神、大明神、権現、大権現 名西郡

新年明けましておめでとうございます。

今年の初詣もawa-otokoは粟国魂神 大宜都比売命にご挨拶してきました。

f:id:awa-otoko:20170101014856j:image

f:id:awa-otoko:20170101014926j:image

f:id:awa-otoko:20170101014913j:image上一宮大粟神社

 

f:id:awa-otoko:20170101015003j:image

f:id:awa-otoko:20170101015017j:image

f:id:awa-otoko:20170101015039j:image(一宮神社)

 

f:id:awa-otoko:20170101015110j:image

f:id:awa-otoko:20170101015132j:image

f:id:awa-otoko:20170101015154j:image(天石門別八倉比賣神社)

 

f:id:awa-otoko:20170101082942j:image

今年もawa-otoko's blogをよろしくお願いいたします。(о´∀`о)