awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

☆★☆剣山山頂大祭だぜ★☆★

f:id:awa-otoko:20170721231344j:image

その昔は女人禁制の掟が固く守られていた剣山。錫杖や法螺貝を持つ先達に連れられた白衣の講組が六根清浄を唱えながら山崎から種野峠・燧峠を越えて二泊三日で登山していました。現在は穴吹・貞光からふもとまでのバスの便があり、夏季には貞光から見ノ越まで登山バスの便でリフトを利用すれば駅から三時間ほどで頂上に登ることが可能です。

f:id:awa-otoko:20170721231518j:image

さて、そんな剣山ですが来たる明日7月23日山頂大祭が開催されます。今年は良い天候にも恵まれそうで参加する方も多いと思われます。という訳で今回も剣山にまつわる(ベタな!)伝承を紹介したいと思います。

f:id:awa-otoko:20170721231625j:image

木屋平に残されている伝承として塔の岩に安徳帝が御剣を奉納し、天下平定を御祈願あそばされたと云われるものがあります。大剣神社の後ろに聳える塔の岩は、その昔鋭い剣のごとく天空を刺すような形状をしていたそうです。そもそもこの塔の岩が当山の御神体だったと云われているのは有名ですよね。

f:id:awa-otoko:20170721231710j:image

八〇〇年の昔、安徳帝は塔の岩に御剣を奉納すると長い時間お祈りを捧げられたといいます。もちろん当時は祠や社もなかったはずなので岩の裂け目、もしくはくぼみにお供えしたのでしょう。古書には「雨や風にさらされても少しも錆びない霊剣であった。」と記載されていることから、埋めたものでもなく、また建物を建ててお納めしたものでもなさそうですね。

f:id:awa-otoko:20170721231723j:image

後ほどに祠を建て、その中にお祀りしたということですが(これが大剣神社の前身になるものでしょう。)、江戸時代末期に不心得者が奉納していた御剣を盗み取ったことがあったそうです。ところが、その盗人は夜な夜な奇怪なできごとに悩まされ恐ろしくなった盗人は御剣を返却したということです。しかし、これを期に御剣の所在はわからなくなってしまったのでした。

f:id:awa-otoko:20170721231815j:image

御剣は盗難が再び行われないようにとても警戒しながら厳重に保管しているようです。関係者が御剣の所在を明言、記録することなく、しかるべき場所に保管したようです。

御剣はそのまま大剣神社に保管しているのか、過去記事にも書いたように円福寺が所有するのか、それとも◯◯◯に置いているのかは今なおわかりません。(剣山大祭では御神体である御剣を直接人の身にああてて邪気を祓う「御神剣加持」を行って貰えますが、錦の布に覆われているため中身はわかりません。)(地福寺に保管してあるとされる御剣は門外不出、閲覧さえも禁止。過去に学習雑誌に掲載されたことが一度だけあるという。)

f:id:awa-otoko:20170721232245j:image

その他には祖谷に逃れた平家の落人が再起を期して馬術の訓練をした平家の馬場。その前には平家の軍用金埋蔵場所の目印とされていると伝えられる宝蔵石があります。

f:id:awa-otoko:20170721232307j:image

ご存知宝蔵石の真下にはステンレスの鳥居で有名な宝蔵石神社が鎮座しています。大祭の神輿渡御にはこの大祭のために宝蔵石神社に上げてこられた御神体を神輿に収納し、急坂を駆け上がり、平家の馬場から山頂までを途中で神事を行いながら練り歩くのです。まさにこれは「平家の軍資金(もしくは皆が大好きな◯◯ク)」を剣山に持ち運んだ様子を模して神事と絡ませているようにしか見えないのは私だけではないでしょう。そんな八〇〇年(もしくは太古の昔)からの貴重な行事に参加しない手はございません。

 

最後に… 

大祭に関係ないですが宝蔵神社で購入できるオススメのアイテムがございます。(祝詞じゃねぇっすよ。)◯◯の◯の◯◯で◯◯られた「◯◯◯◯」です。

f:id:awa-otoko:20170722004023j:image

社務所で扱うアイテムの中では少々お高い価格設定ですが、なかなか良いものだと思います。在庫も限りがあると思われますので、何であるのかがわかったうえで興味がある方、もしくはそういうの好きだわ。という人は購入してみてはいかがでしょうか。(ちなみにawa-otokoは宝蔵石神社関係者と繋がりは一切ありません。上記◯◯◯◯のオススメは社務所営利に寄与する目的ではざいませんのでそこんとこよろしく。)個人的にはあまり言いたくない情報だったのでモザイクかけてるくらいですから。。。

剣山山頂大祭の参加、御神剣加持、秘密のアイテム。この三つをクリアーすれば、一年間は御利益あること間違いなし!?

あと、この大祭の◯◯◯を見ていれば御剣、もしくは平家の軍資金(もしくは◯◯ク)の場所のヒントが隠されているかもしれませんよ。

f:id:awa-otoko:20170722010607j:image

それでは大祭に参加する人も参加しない人も、剣山の神からの御利益がありますように。See you soon. ( ´θ`)ノ

剣山で見つけた穴(アーク編)

f:id:awa-otoko:20170717230441j:image

f:id:awa-otoko:20170717231252j:image

今日は番外編。
実は… 剣山調査中に穴を見つけてしまいました。
いろいろな人が、いろいろな説から指し示しめした場所に穴が存在しますが、それとはぜんぜん違う場所にありました。

f:id:awa-otoko:20170717230523j:image(これが件の穴な。)
言っておきますが普通に見つけられる場所ではありません。近くて遠く、見えているが見えない場所。そう、まるで「かごめかごめ」の歌の内容のように掴みきれない場所なのです。

f:id:awa-otoko:20170717230656j:image

かごめかごめ
籠の中の鳥は いついつ出やる
夜明けの晩に
鶴と亀が滑った
後ろの正面だあれ?

f:id:awa-otoko:20170717231353j:image

意味深に書いてしまいましたが、今回はアークが隠された場所を指し示すものではありません。あったらいいな。の感覚。ただawa-otoko的に狙い定めた場所に存在した穴ですので、今後もゆっくりと丁寧に調査を継続していきたいと考えています。

f:id:awa-otoko:20170717230911j:image

カゴ・メー カゴ・メー
カグ・ノェ・ナカノ・トリー
イツィ・イツィ・ディ・ユゥー
ヤー・アカ・バユティー
ツル・カメ・スーベシダ
ウシラツ・ショーメン・ダラー

誰が護るのか?誰が護るのか?
堅く封じ安置されているものを取り出すのだ
契約の箱に封じ納められた神器を取り出し
代わりにお守りの形をしたものを造った
未開の地に水をたくさん引いてきて
そこに水を貯めその地を統治せよ

天気が絶好のコンディションの時、剣山頂上に登って空を見上げてみて下さい。何か見えるかも… ね。

神領 粟国造の館考

f:id:awa-otoko:20170709230027j:image

大通寺正覚院ハ今上角名大通寺良藏院といふ院内一派の修験なり。一宮城主小笠原氏と縁を組し事今に此村に言伝あり。又小笠原氏隠居家なりといふ説もあり。

小笠原長宗が粟国造家の神録を強奪して一宮大宮司と称したことはこれまで拙ブログ記事でも紹介済み。一宮(小笠原)長宗の子孫、弾正成直は神山町神領に隠居したことが記録されています。これは修験者の大通寺正覚院と縁を結んで国造家を相続したとされる内容とリンクするのであります。 

 f:id:awa-otoko:20170709231049j:image

一宮(小笠原)弾正成直の代から兄弟で城主と祭官と分かれたと記録されています。成直は隠居することで武家から離れ、城主の座には興味を示さない体面を取ったと考えてよいでしょう。その代わりに粟国造家が祭祀していた大宜都比売命の祭官を継承するという大きなミッションを遂行したのです。

f:id:awa-otoko:20170709230127j:image(大粟山より善覚寺を望む)

さて、大粟山の背後から巻くよう東に流れる上角川。大粟山の東の谷に祭官が着替える館が存在しました。それ故に装束谷の名称も残ります。その装束谷にあった祭官専用の館こそ「神領 粟国造の館」であり、のちの「大通寺」であったのです。小笠原長宗は武力により粟国造家の神録を奪い抑え込みましたが、神事の奥義までは奪うことは出来なかったのでしょう。粟国造家の流れをくむ大通寺正覚院という修験者に小笠原氏の娘を嫁がせて、ここで完全に神事と祭官の実権を掌握したのでした。

f:id:awa-otoko:20170709230809j:image(善覚寺)

f:id:awa-otoko:20170709230833j:image

f:id:awa-otoko:20170709230921j:image

f:id:awa-otoko:20170709231140j:image(天保年間の銘)
この大通寺は大粟山東南の麓に在院していたとされ、(今も大通寺という地名が残っているとかいないとか… )小笠原家と粟国造家の縁組が整ってからは「一宮殿ノ跡屋敷(即チ神領ノ国造館ナリ)」とあり、一宮氏代々の位牌を祭祀していたそうです。しかし残念ながら天保年間に火災に遭い、屋敷は無くなったようです。

 

ここからはawa-otokoの推測。
現在の神領 八幡神社の境内、善覚寺の範囲は大通寺、または一宮殿ノ跡屋敷、即ち粟国造家の館の跡地ではないでしょうか。

f:id:awa-otoko:20170709230339j:image

f:id:awa-otoko:20170709230545j:image

f:id:awa-otoko:20170709230626j:image

f:id:awa-otoko:20170709230423j:image
古文書に記録された位置にも合致しますし、何より八幡神社から上一宮大粟神社へ行う夜這いの神事は、粟国造家や一宮家が居住していた粟国造館から大宜都比売命の霊廟に通って祭祀する姿が夜這いとして表現されて現在に至ると考えます。その他、白桃名にあった大宜都比売命の伴神の社が八幡神社に合祀されているのも強い繋がりがあった理由からでしょうね。

f:id:awa-otoko:20170709232321j:image

f:id:awa-otoko:20170709232403j:image

f:id:awa-otoko:20170709232449j:image
従って神官の居住跡に社を建てたのが、今の八幡神社なのではということです。大通寺、一宮殿跡屋敷などさまざまな名称が残りますが、総じて「粟国造家(大宜都比売命霊廟の神官)の館」が存在していた場所が当地です。

こちらの伝承は別に詳しく記された書物が存在するとのこと。(明治期には所在が明確であった。)現在は神山町内の蔵あたりに眠っているのではないでしょうか。さぁ、神領のIさん、Tさん、その他の粟国造家の末裔さん。家の蔵の中の古書を探してみましょう。すごいお宝が発見されるかも⁉︎ ですよ。(^ ^)

国造家ノ将、鬼籠野ニテ死ス。其跡ニ庚申塚置キタル也。

f:id:awa-otoko:20170701205850j:image

暦應四年十月非道ニモ長宗兵力ヲ以粟國造家ヲ攻メ神録ヲ横領シ祭官職ヲ強奪セシ也。其證如何ト云ニ今神領村ノ隣村ナル鬼籠野村鬼籠野名ト云地ニ辻堂アリ。其傍ラニ周囲二丈許ノ杉大木アリ(其小祠ハ神佛混偖禁止ノ際ニ排除シテ其跡ニ庚申塚置)

里老口傳云此杉ノ木ハ昔ノ一宮合戦ノ時一宮方流落ノ士 高橋某運命谷リ此処ニ於テ主従切腹シテ亡ヒタリ、即チ杉大木ハ其基印ニテ小祠ハ霊ヲ祭リ供養石ハ塔婆也。今高橋七蔵ナル者ノ先祖ト云ヘリ(此近辺ニ高橋丹後守ト云靈ヲ祭リタル祠モアリ、同時ニ討死ノ人ナル可シ是モ神佛混偖禁止ノ際ニ取廃ス)

偖其一宮合戦ハ年暦ノ傳へハ無ケレドモ彼ノ供養石ヲ調査スルニ其數十一枚アリテ何レモ文字暦滅不明瞭ナル中ニ一枚文字明瞭ニ読ミヘキガ有リテ梵字三箇ト 六十月日先方三十三回ト細ク彫刻アリ依テ應安六年(康安モ有ドモ六年ノ暦ナシ)ヨリ送ニ三十三年ヲ遡リ笄フルニ彼ノ一宮合戦ハ暦應四年十月ノ事ト知ラレタリ。

はい。久しぶりに粟国造家のお話です。
時は南北朝時代大宜都比売命の神録を奪おうとする小笠原長宗。そして流れ落ちてきた高橋某とは神録強奪に抗う粟国造家 一宮宗成に属する将でした。
国造家が祖神より相伝した所領と祭官職を他族である小笠原氏に譲り与えるべき道理は無しと断固抵抗した粟国造家。国造家の一員であろう高橋某が家来と共に潔く切腹して果てた場所が当地であります。

f:id:awa-otoko:20170701205953j:image

f:id:awa-otoko:20170701210059j:image

もともとは杉の大木があり、その傍には高橋某達を祀る祠があったそうですが、神仏分離令の際に排除されて代わりに庚申塚が置かれたとのことです。

f:id:awa-otoko:20170701211032j:image(写真でわかるように庚申塚は比較的新しく、基礎石?は年代が古く見えます。)

鬼籠野名は社地大粟山に路程近き場所であり、両軍にとって熾烈を極めた場所だったのでしょう。大粟山まで押し進めたい小笠原軍、くい止めたい粟国造家軍。当地(鬼籠野)付近の範囲で粟国造家軍は総崩れとなってしまったものと思われます。

このような状況からか、鬼籠野にはその他に供養石が十一基存在していたと記録には残ります。

f:id:awa-otoko:20170701211642j:image(この板碑も… )

f:id:awa-otoko:20170701211735j:image(鬼籠野神社にある一宮神社遥拝祠も… )

awa-otokoの想像の中では、鬼籠野神社が中一宮とされた理由の中に小笠原軍、粟国造家軍戦没者の霊を弔う意味も一端に含まれていたのではないかと考えています。

さて、このように明治に記録された粟国造家の古跡所在地が少しずつですがわかってきました。まだ他にも色々と発見があったのですが、この続きはまたの機会にしたいと思います。

水軍 河野氏の里 「火山寺(樋山地)」と焼山寺

f:id:awa-otoko:20170624173027j:image

f:id:awa-otoko:20170624173108j:image

麻植郡 鴨島町樋山地は標高二五〇〜四〇〇㍍の高所に飛島のように忽然と開かれていた集落であります。多い時は約三十戸〜二百戸もあって栄えていたようですが、現在は廃集落となっています。(地主は時々来ているようです。)

f:id:awa-otoko:20170624173155j:image

さて、この樋山地、このような辺鄙(すいません。。。)な場所の集落として栄えた当初の起りはご存知でしょうか。どうやら伊予国 河野一族が開拓しながら拡げたようなのです。

河野氏 - Wikipedia

南北朝時代に阿波細川氏の侵攻と同族の内紛のために戦乱を回避して阿波に入国した伊予国守護職河野氏の一族の一人が当地に落ちて来たと伝承されている。を血で洗う武力闘争に幻滅を感じた河野某は妻子と共に僅かな信用がおける従者を連れ密かに城を出た。どこへ行くともなく城を出たものの、名を知らない者はないほどの家柄である伊予 河野一族。いくら人数が少なくても平地部を無事に通れる筈もなく、必然的に深い山を伝いながは歩けば自然と阿波に入った。辿ってきた道程は山伏に姿を変えた南朝の密者が往来した路であった。
歩き疲れて峠道の祠の前で休んでいると、北方斜面の下方に谷を挟んで馬の鞍のような斜面が目に入った。此時代は兵農分離をしておらず、幸いに従者達はみな農業の経験を持っていたことにより、一行は当地で帰農することになった。
まず取り掛かったのは、山を焼いてその後に野菜や蕎麦の種を蒔く焼畑農業である。(殆ど毎日山を焼いて先住者と揉めたとの伝承もある。)畑ができ、住居も完成すると、まず最初に寺を建立した。それが火山寺(樋山地)と呼ばれたのかはわからないが、飯尾報恩寺の前身であるとことは確かなようである。即成山報恩寺と言われるのは、急いで建立した寺だったのかもしれない。
なんとか一家が生き延びられ、従者共に安住の地を手に入れた河野某は、これは全て従者の努力であったと恩に感じ、従者を「御被用(おひよう)ん」として、河野本家の裏山最高部に神社を建てて祀ったという。

はい。ところどころに「ん?」と考えるポイントはありますが、とりあえず伝承されているうちの一説を紹介しました。awa-otoko的には南北朝時代の入国であれば、遡って田口氏との過去の確執も残っていて難しいと考えました。が、、、冒頭に掲載した樋山地の八幡神社は中世に山岳武士、山伏の安全祈願のために建立とあります。これに依るならば、早い時期に河野一族の入国があったのかもしれません。

f:id:awa-otoko:20170624180431j:image(樋山地 八幡神社

f:id:awa-otoko:20170624180505j:image

f:id:awa-otoko:20170624180605j:image

f:id:awa-otoko:20170624180748j:image(社殿横の石祠)

河野家の阿波入国に関してはもう一説あります。こちらについては樋山地に建つ立派な河野家先祖の碑とともに伝承されている内容でございます。

f:id:awa-otoko:20170624175055j:image(河野家先祖の碑)

f:id:awa-otoko:20170624175147j:image

人皇第七代孝霊天皇末葉元伊豫國城主
從五位上越智 河野伊豆守萬五郎通吉 
大通院殿前豆大守天叟長運大禅定門
天正十八年寅三月二十九日逝去

f:id:awa-otoko:20170624181017j:image

碑文にある河野萬五郎通吉の子孫が江戸時代に稲田氏を頼って移り住んだという説がそうです。

という訳で中世の名残りを引き継ぐ建造物もあるし、天正からの流れをくむものもあり、はっきり言ってわかりません。(断言できるだけの情報がないです。)

ただ、引用にもある樋山地の地名由来は火山寺(ひやまじ)との伝承もあり、こちらは神山町焼山寺を連想させるものです。

衛門三郎 - Wikipedia

そして焼山寺といえば杖杉庵の衛門三郎伝説。こちらは衛門三郎は伊予河野家の生まれであり、死後も河野家のせがれとして転生するのです。(空海のはからいでね。)たぶん樋山地と焼山寺、そして伊予 河野家はとても関係が深い(と思います!!)。

またその流れをくむ即成山 報恩寺も北麓の鴨島町にあり、南麓の神山町同様に河野姓の方が多く住んでいらっしゃいます。

f:id:awa-otoko:20170624185638j:image

f:id:awa-otoko:20170624185712j:image(西麻植八幡神社 境内に鎮座する河野大明神)

神山と鴨島河野氏。そして伊予。ひょっとしてひょっとする◯◯が繋がる?!とりあえず現状は資料不足で出せません。。。まだまだ他にも気になるところが幾つかありますので、もう少し力を入れて河野氏の調査を着手していこうと思っています。

それでは今回はここまで。(・∀・)