読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

ぶらぶら散策。忌部大神宮跡

明神、大明神、権現、大権現 神の坐す場所 空海の足跡 阿波の伝説 阿波の神社巡り 麻植郡 忌部氏

f:id:awa-otoko:20160317235112j:image

 
本業が繁忙期真っ只中で古文書を読み解く集中力も湧かないので、かつて忌部大神宮が鎮座していたと伝わる高越大権現(高越寺)をぶらぶらしてきました。
 
 
f:id:awa-otoko:20160318221402j:image
吉野川市山川町から高越山に入ります。
先月までは積雪や路面凍結で車での進入が危険な状態でしたが今回はOK!!つつじ公園までどんどん登ります。つつじ公園展望台からは同じ麻植郡だった木屋平村 剣山の姿を確認することができました。
 
 
どんっ。参道入り口です。
"これより霊域 先ず合掌"
 
f:id:awa-otoko:20160318222920j:image
f:id:awa-otoko:20160318223131j:image
高越権現と三面大黒がお出迎え。
足腰に自信がない、高越神社と奥之院に行くならここで杖を借りておきましょう。
 
 
f:id:awa-otoko:20160318223748j:image
入り口から10分ほど歩くとビッキビキの雰囲気を放つ場所があります…  
参道からは見えませんが、そのテの素質がある人は存在に気づくことができるはず。
御神体の天狗面がさらけ出された社跡。
稀に天狗面の方から存在をアピールしてくることがあるがびっくりしてはいけない。(笑)
 
 
f:id:awa-otoko:20160318230812j:image
ずんずん進みます。
 
 
f:id:awa-otoko:20160319030032j:image
約20分の徒歩で高越大権現の門に到着。
立派な門なんですが写真撮影し難いんですよね… 
かなり体勢仰け反っての撮影。。。
 
f:id:awa-otoko:20160319030356j:image
f:id:awa-otoko:20160319030432j:image
f:id:awa-otoko:20160319030446j:image
高越大権現(高越寺)ですね。
 
f:id:awa-otoko:20160319030711j:image
大権現の左にはまたまた天狗さん。下駄を脱いでおります。麓から登ってきた人にはここが終着点ですってことでしょうか。
 
f:id:awa-otoko:20160319030856j:image
境内をうろついてから高越神社に向かいます。
ざんねーん、売店は閉まっておりました。
 
 
f:id:awa-otoko:20160319030829j:image
門の左手に高越神社鳥居。
ちょっと勾配がきついですが石段を登ります。
 
f:id:awa-otoko:20160319031044j:image
f:id:awa-otoko:20160319031558j:image
f:id:awa-otoko:20160319031057j:image
f:id:awa-otoko:20160319031544j:image
神仏分離の影響から高越神社と高越大権現は別々となっています。もともとは天日鷲神を高越山全体で祭祀していたと考えて良いでしょう。
 
f:id:awa-otoko:20160319032811j:image
f:id:awa-otoko:20160319032823j:image
高越神社の境内社です。風化して判別し難いですが菊花紋が刻まれております。
 
 
f:id:awa-otoko:20160319033020j:image
高越神社左手から道を辿れば高越山の頂上。
かつては経塚だった場所に空海像が設置されています。土台の石積みが経塚のだったものでしょうが、コンクリで固められて台無し…
 
 
f:id:awa-otoko:20160319033550j:image
空海像の後ろから山道を辿れば奥之院へ。(空海像経由の道は足元が悪く危険。高越寺の宿坊裏から続く道を利用すればダイレクトに奥之院へ行くことが可能)

また新しい鳥居が増えたようです。新住職による手書きの扁額。いい感じです。
 
f:id:awa-otoko:20160319034244j:image
f:id:awa-otoko:20160319034306j:image
f:id:awa-otoko:20160319034349j:image
奥之院到着。
 
f:id:awa-otoko:20160319034551j:image
奥之院前には古墳石室入り口らしき石積みが…
以前にイザナミの御陵がこの場所であると投稿しましたが、これについては高越山を拝する位置に伊射奈美神社が鎮座していることしか根拠がないことをとある方より指摘されまして、それもそうだなと考えて直しつつあります。
ただしこの場所に誰かが埋葬されているとしたら、埋葬されている人物はかなりの大物であることは間違いありません。天日鷲神?または天日鷲神直系?いや、、、イザナミか?(笑)
 
f:id:awa-otoko:20160319035808j:image
奥之院 蔵王大権現とあります。
こちらは高越大権現の奥之院でしょう。
 
f:id:awa-otoko:20160319035822j:image
あれ?背後にまた高越大権現が…
左は役行者、真ん中が高越大権現。右は空海
 
f:id:awa-otoko:20160319035924j:image
さらに背後には集落を見下ろす位置に石祠が…
この祠以外は全て東向き。
 
神仏分離で高越大権現と高越神社に分けてあるにもかかわらず奥之院は神仏が習合しております。
比較的新しい祠でしょう。
 
ここで引き返します。
 
 
f:id:awa-otoko:20160319172130j:image
帰りは高越大権現の宿坊前に出る道を利用します。
新しい鳥居と道の分岐点を越えると空海が利用した龍の窟がございます。
 
f:id:awa-otoko:20160319172322j:image
確かに人が一人雨風を凌げる空間があります。
こちらも窟の中に安置されている龍の像のおかげ?とんでもない雰囲気を醸し出しております。
 
f:id:awa-otoko:20160319172529j:image
道をどんどんくだると種穂山が確認できます。
もちろん山崎の忌部山は確認できません。このことから考えても忌部大神宮の遥拝所は種穂大権現であることは間違いないと思います。
 
f:id:awa-otoko:20160319172804j:image
境内にでました。
 
f:id:awa-otoko:20160319172927j:image 
門の前の手水鉢に石像が。後ろのポンプと相まってレトロな感じがいいです。

f:id:awa-otoko:20160319172947j:image
門をくぐって参道を引き返します。

 
f:id:awa-otoko:20160319173214j:image
三面大黒と高越大権現に一礼して参道をでます。
"今日の幸を喜び 感謝して山を下る"
 

さて、神仏分離神仏習合で混雑していますが、高越寺から高越神社にかけては古より天日鷲神を祭祀した中心地、忌部大神宮であったと考えています。
 
f:id:awa-otoko:20160319180401j:image
f:id:awa-otoko:20160319180454j:image
 
これまで長い歴史の中で"天日鷲"という神名(役職名)が何代にも渡って継承されていることから、天日鷲命の行動を追えば追うほど時系列が混雑してわからなくなってしまうのはある意味、阿波隠し(安房隠し)の罠(トラップ)とも考えられます。
 
f:id:awa-otoko:20160319180822j:image
f:id:awa-otoko:20160319180849j:image
f:id:awa-otoko:20160319180909j:image
 
大宜都比売命を妹に手力男神を父に持ち、麻植郡を統治した天日鷲神とその一族は麻や楮を植え、阿波の国を繁栄させて安房に渡った。
その神の旧跡を確認し、加護を得るために訪れた役行者空海。そして様々な行者達。
古の姿は隠されてしまっていますが、高越山一帯にはそれがあります。
 
f:id:awa-otoko:20160319181022j:image
f:id:awa-otoko:20160319181051j:image
 
阿波の古代史を追う方は一度は参拝していた方がいいと場所ですよ。(モノクロ写真は高越山を中心とした忌部氏所以の旧跡。昭和初期の写真)