読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

大宜都比売命と八柱の随神(阿南 賀志波比賣神社、津峯神社)

日本一社 那賀郡 阿波の神社巡り 大宜都比売命 阿波の伝説
 f:id:awa-otoko:20151128222952j:image
 

今回は粟国造家伝承ではなく、古事記の引用から進めます。(注: 阿波国造粟飯原系図からの伝承ではありませんので比較すると食い違う箇所が見受けられます。別の伝承として捉えて読んで下さいw)
 
上一宮大粟神社の社伝には「丹生の郷から大宜都比売命が神馬に乗って八柱の随神を率いて遷られ、粟を蒔きこの地に広めた。」という伝承があります。
この八柱神とは以下の神と考えます。
 
羽山戸神大気都比売神を娶して生みし八柱の神。
 
若山咋神:小山を意味する神
・若年神:若い稲を意味する神
・若沙那売神:田植えを意味する神
弥豆麻岐神:田に水を引くことを意味する神
・夏高津日神(夏之売神):夏の日の高さを意味する神(稲の育成に不可欠、そして太陽神でもある)
秋毘売神:秋の稲を取り入れを意味する神
・久々年神(冬年神):夏、秋に続く冬を意味する神
久久紀若室葛根神新嘗祭を意味する神
 
これら八柱の神々は生まれた順番から稲の成育を示したそれぞれ稲作になくてはならないエレメントを現した神であります。(もうこれだけで稲荷神と呼んでもいいくらい… )
 
この中から「若室神」は粟国造粟飯原家の阿波女社祖系より紹介しました。
今回は夏高津日神(夏之売神)こと「賀志波比賣命」で。
 
こちら「賀志波比賣命」は阿波では天照大御神に比定されて語られていることが多いのです。
 
f:id:awa-otoko:20151128223334j:image
(賀志波比賣神社 境内の碑)
 
f:id:awa-otoko:20151128223353j:image
(禊岩と小門神社)
 
でも、、、私はあくまで大宜都比売命の御子」として考えたいんです。(笑)
 
f:id:awa-otoko:20151128223025j:image
 
賀志波比賣神社 在 那賀郡大泻號 津峯権現
祭神一座 賀之比賣命
古事記羽山戸神大気都比売神 生 夏高津日神、亦名 夏之賣神 按 阿波國魂 大粟姫ノ御子ナリ
 
阿波誌には「賀志波比売神社、夏之売命を祭る、見能潟に在り俗に津峰権現と号す、別当千福寺」。
古事記に曰、羽山戸神 大宣都比賣を娶て夏高津日神 亦名 夏之売神を生む、述者の按に羽山戸は伊予の大山祇今云う三島の神是なり、大宣都姫は阿波の国主也、当社は山の麓に在りしを所の郷民に因て今の山上に遷す、是は年歴久しからずと尤も麓の社も猶存せり、此社真に古し、樹木繁茂せり、毎年臘晦の夜竜燈あがる」と。
 
f:id:awa-otoko:20151128223106j:image
 
という訳で大山祇神事代主神)と大宜都比売命の娘であらせられる賀志波比賣命」を祀る神社ですが、、、
 
f:id:awa-otoko:20151128223125j:image
 
賀志波比賣神社
創祀年代は不詳。(一説には聖武天皇 神亀元年(724)の創祀)氏子の希望により津峯山山頂に遷座して津峯神社となった。古社地に祠が残ってたが後に社殿を建設し、賀志波比賣命を祭神として祀っている。
 
「賀志波比売延喜式亦小祀と為す、水潟村南津峰に在り、今津峰権現と称す、旧北麓に在り、木材蒼然古松一株其の大きさ比なし、昔日封田若干在り」と見える。
 
津峯神社
旧郷社、神饌幣帛料供進社、延喜式内社。
社伝では神亀元年(724年)、神託により国家鎮護・延命長寿の神として賀志波比賣命を霊山・津峰山の山頂に祀ったのに始まると伝える。
 
f:id:awa-otoko:20151128223952j:image
f:id:awa-otoko:20151128223214j:image
f:id:awa-otoko:20151128223233j:image
f:id:awa-otoko:20151128223254j:image
f:id:awa-otoko:20151128224018j:image
 
延喜式名帳には「阿波国那賀郡 賀志波比売神社」と記載。津峰山には大小の洞窟があり、かつては断食参篭の行場であった。領主蜂須賀家が守護神として崇敬した。
寛保神社帳に「答島村津峰大明神、別当見能方村千福寺」とあり、阿波志には「津峰祠答島に在り、其祠舊山麓に在り、古樹鬱蒼今移して此地に在り、四望広蔽、除夜聖燈燃ゆ、東南隅に斥候台址在り」と。
 
確かに賀志波比賣神社や津峯神社は青木(あわき:阿波岐の訛化)の近くに鎮座神社していることから、その祭神 賀志波比賣命を天照大御神であると考えたいですが、断定するのはちょっと早合点だと思います。(でも筑紫の小戸の阿波岐原はこの地で間違いないと思っています。)
賀志波比賣命が存在したならば母である大宜都比売命もその場所に存在した訳です。
また、大宜都比売命も「勝浦の山を超えて神山に来た」という伝承がある以上、その候補に入るはず。
 
私の調査内容から言えることは…
 
大宜都比売命、賀志波比賣命も巫女としての側面から天照大御神として祭祀された可能性が高い。(穀物の育成の過程で祭祀が執り行われたはず)
 
・阿波三所(阿南、勝浦、佐那河内村)の「大宮神社」で天照大御神が祭祀されている。(天照の別ルートが見え隠れ)
 
大宜都比売命天照大御神が融合している場所が「天石門別八倉比賣神社」である。
・蜂須賀家は粟の神 大宜都比売命を祭祀する上一宮社、下一宮社の崇敬は薄く、稲の神、太陽神の賀志波比賣命をより崇敬し、蜂須賀家の守護神とした。
 
 f:id:awa-otoko:20151128224046j:image
(津峯神社 由緒書)
 
ところでテーマの八柱の随神はどうなったのか?
 
こちらは母である大宜都比売命と共に神山に入り、のちに「稲荷神」となって全国各地に出て行っております。
 
大倭豊秋津島(おほやまととよあきつしま):本州」はすべて空の国であったので大宜都比賣と八柱の御子の根別の国となった。
大狐別(大宜都比売命御子神)の国となる要素として全てが空っぽの本州、即ち「天御虚空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)」であったということです。
 
ちょっと難しいわな。笑…
書きたいことを分け分けして、話もばらばらになってしまいましたが、とりあえず今回は賀志波比賣神社と津峯神社の紹介ということ流して下さい。
 
大宜都比売命、その他の随神の阿波での所在については現在調査中ですw
 
 
 
2015.12.3追記
 
デスラー様に返したコメントでややこしい内容を記載しましたが、岡本監輔/著 「名神序頌」では賀志波比賣は夏之比賣神であると記載していることも掲載しておきます。
ちなみにデスラー様に回答した夏之比賣神の内容は松浦年長の結論です。
 
f:id:awa-otoko:20151203233109j:image