読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

目弱王の変(天円山)

ちょっと今回は説明しにくいかも… という逃げを冒頭から申し上げておきます。(^_^;)
 
f:id:awa-otoko:20150226213249j:plain
目弱王(まよわのおおきみ、允恭天皇39年(450年) - 安康天皇3年(456年)8月)は、記紀に伝えられる5世紀頃の皇族(王族)。父は大日下皇子(おおくさかのみこ。仁徳天皇の皇子)、母は中蒂姫命(なかしひめのみこと。履中天皇の皇女)。
記紀によれば、父の大日下大王が罪無くして安康天皇に誅殺された後、母の中蒂姫命は安康天皇の皇后に立てられ、目弱王は連れ子として育てられた。安康天皇3年(456年)8月、年幼くして(記に7歳とする)楼(たかどの)の下で遊んでいた王は、天皇と母の会話を残らず盗み聞いて、亡父が天皇によって殺されたことを悟り、熟睡中の天皇を刺殺する(これを目弱王の変という)その後、坂合黒彦皇子と共に「都夫良意富美(つぶらおおみ)」の宅に逃げ込んだが、「大長谷命(おおはつせのみこと: 後の雄略天皇)」の兵に攻められ、「都夫良意富美」の助命嘆願も空しく、諸共に焼き殺されたという。

「目弱王」とは「武内宿禰」の異母兄である「大毘古命」の孫 、「大日下(おおくさか)大王」の実子。

「目弱王」は父「大日下大王」の仇である「安康天皇」を暗殺し、同じ「武内宿禰」の血脈である「都夫良意富美(円大臣)」の居住地に逃げ込みます。
 
安康天皇」の弟である「大長谷命(後の雄略天皇)」が報復行動に出ることを予想、また「都夫良意富美」の娘が「大長谷命」の后になることを知って「都夫良意富美(つぶらおおみ)」を頼ったのでしょう。
 
結局、「都夫良意富美」は「目弱王」を見殺しにすることはできず、「大長谷命」と戦う前に自分の娘である「訶良比賣(からひめ)」に自分の領地 五つ所の屯倉(みやけ)を副えて差し出し上で「大長谷命」に立ち向かい、その後「目弱王」を刺し殺し自分も頸を切って自害するのです。
 

はい。それではそろそろ「目弱王の変」、阿波での話を進めていきましょうか。
 
f:id:awa-otoko:20150226213528j:plain
 
この「目弱王の変」での悪役、「安康天皇」と「大長谷命(雄略天皇)」。その二皇子の父である「允恭天皇」の諱は「雄朝津間稚子宿禰(おあさづまわかごのすくねのすめらみこと)」。
f:id:awa-otoko:20150226213818j:plain
f:id:awa-otoko:20150226213829j:plain
f:id:awa-otoko:20150226213839j:plain
天皇神社:大師匠のブログから拝借しました)
 
諱の中にある「おあさづま」とは「大麻津澗(おあさづま)」のことで、これは鳴門市大麻町一帯の津澗(舟の碇泊する場所)からつけられたものであります。
そして日本で唯一、允恭天皇をお祀りした「允恭天皇神社」が鳴門市大津に残されております。(現在は「天皇神社」)
 
 
f:id:awa-otoko:20150226213608j:plain
(鳴門市大麻 長谷寺
 
f:id:awa-otoko:20150226213705j:plain
(鳴門市大津 金刀比羅神社
 
そして「大長谷命(雄略天皇)」は「長谷の朝倉に宮を定む」とあり、これは鳴門市撫養町木津(岐津の意味)に金刀比羅神社に付属して置かれた長谷寺金刀比羅神社が「長谷の朝倉宮」とされております。
 

阿波に存在した「淡海の大津宮」 - awa-otoko’s blog

 
安康天皇」は今回は情報提供ができるほど資料も集められませんでしたが、父と弟が鳴門近辺で活動していたということで、近い居住地であったと予想できるのではないでしょうか。(ちょっと苦しい… )
 
 
f:id:awa-otoko:20150226214210j:plain
(あまがつぶから見た板野郡)
 
f:id:awa-otoko:20150226214437j:plain
(あまがつぶ頂上 天ヶ津神社)
 
そして「都夫良意富美(つぶらおおみ)」。
「目弱王」が「安康天皇」を刺し殺し逃げた居住地が大麻比古神社が鎮座する大麻山隣の「天円山」(あまがつぶ)」の麓。「つぶらおおみ」が居を構えていたが故の「あまがつぶ(天円山)」なのです。

あまがつぶ(天円山、天津神社、葛城神社) - awa-otoko’s blog

 

先の「安康天皇」の居住地の言い訳として「安康天皇」を暗殺した「目弱王」はすぐさま「都夫良意富美」の屋敷に逃げ込んでいます。この屋敷が鳴門市大麻町の天円山であることから「安康天皇」の居住地も大麻町からそう遠くはないはずです。
 
ちなみに「都夫良意富美(つぶらおおみ)」は武内宿禰から曽我石川宿禰の次代の一族の長として考えられております。その理由として武内宿禰の子、「葛城長江曽津比古(かつらぎながえのそつひこ)」は鳴門市撫養町の長谷の山から姫田の「葛城神社」で祀られており、「都夫良意富美」もすぐ隣の大麻町に屋敷を構えていたからです。
 
f:id:awa-otoko:20150226214823j:plain
武内宿禰 壹圓札)
 
このように武内宿禰の血脈である「目弱王」、「都夫良意富美」、血気盛んな天皇家兄弟(安康天皇雄略天皇)との戦い「目弱王の変」は、鳴門市大津から大麻町までを舞台にしたお話だったのです。