読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

建御名方神と沼河一族

名西郡 麻植郡 阿波の神社巡り 明神、大明神、権現、大権現
 
f:id:awa-otoko:20150114234944j:plain

(多祁御奈刀弥神社)

 

建御雷神が大国主神葦原中国の国譲りを迫ると、大国主神は御子である事代主神が答えると言った。事代主神が承諾すると大国主のは次は建御名方神が答えると言った。建御名方神は建御雷神に力くらべを申し出、建御雷神の手を掴むとその手が氷や剣に変化した。これを恐れて逃げ出し、科野国の州和(すわ)の海(諏訪湖)まで追いつめられた。建御雷神が建御名方神を殺そうとしたとき、建御名方神は「もうこの地から出ないから殺さないでくれ」と言い、服従した。(Wikipedia
前回で触れたように建御名方神タケミナカタ)」、「式内 多祁御奈刀弥(タケミナトミ) 神社」に祀られていることはもう有名ですね。 

高天原の武神 建御雷神(建布都神) - awa-otoko’s blog

 

さらっと進めましょう。(笑)
 
f:id:awa-otoko:20150114235117j:plain
(多祁御奈刀弥神社境内にある力石はたぶんニセ〇ノ…(笑) 本物の「力石」は社殿の下に埋められています。名西郡誌に記載)
 
さて、多祁御奈刀弥神社は名西郡石井町浦庄諏訪(旧諏訪村)に鎮座しております。
 
そして建御名方神崩御地と伝えています。多祁御奈刀弥神社 社伝記によると宝亀十年(七七九)に「信濃国諏訪郡南方刀美神社名神大阿波国名方郡諏訪 諏訪大明神を移遷し奉る」とあり、今日有名な諏訪大社は「諏訪」の地名とともに阿波から勧請されたことがうかがえます。
これももう珍しくない話ですね。
 
これは私の予想ですが、建御雷神(タケミカズチ)に追い込まれた「建御名方神」は母親の「沼河一族」を頼ってこの地へ逃げきたのではないでしょうか。
多祁御奈刀弥神社のすぐ西、名西郡石井町高原関から鴨島町(旧麻植郡)に伝承と痕跡が残されているのです。
 
建御名方神の御母は「阿波の高志の沼河比売
 
日本書紀」には登場せず、「古事記」の大国主神の神話の段に登場する。八千矛神大国主神)が高志国の沼河に住む沼河比売を妻にしようと思い、高志国に出かけて沼河比売の家の外から求婚の歌を詠んだ。沼河比売はそれに応じる歌を返し、翌日の夜、二神は結婚した。「古事記」にはこれ以外の記述はないが、新潟県糸魚川市に残る伝承では、大国主沼河比売との間に生まれた子が建御名方神で、姫川をさかのぼって諏訪に入り、諏訪大社祭神になったという。「先代旧事本記」でも建御名方神沼河比売(高志沼河姫)の子となっている。(Wikipedia
 
多祁御奈刀弥神社の西、名西郡石井町関は古は名西郡高志郷と呼ばれ、ここには沼河比売を祀る「関の大神宮」がありました。
倭名抄にも高志(多加之)郷の記載があります。通説では高志(こし)と読ませ、越後(新潟県)に比定していますがこれは誤りなんですね。
 
f:id:awa-otoko:20150114234429j:plain
(確認しにくいですが扁額に注目。天水沼間比古、天水塞比売の神名が記載されています)
 
また隣町の鴨島町には天水沼間比古(アメノミヌマヒコ)神社、天水塞比売(アメノミズゼキヒメ)神社二座が鎮座していますが、それぞれ祭神建御名方神、高志沼河比売とされているのです。
 
 
せっかくなのでここだけの話… 
 
関の大神宮は現在は跡形もなく、現在は確認することは出来ません。
f:id:awa-otoko:20150114235326j:plain
(関の大神宮 跡地)
 
しかし、、、実は石井町高原字関の八幡神社に祠を移して静かに祀られているのです。よってここが「高志沼河比売の関の大神宮」といえるでしょう。
 
f:id:awa-otoko:20150114235200j:plain
(関の八幡神社
 
また、沼河比売の母親が地名にもなっている堰(関)比売そして父親が沼河比古
この沼河」と言う名は大古の天皇家にもつながる名前で、古事記伝にも沼河の考察場面で出てきます。
 
f:id:awa-otoko:20150114234136j:plain
鴨島町 敷島神社)
 
この沼河比売の両親を祀る神社が石井町の杉尾神社でしたが、今は敷島に祀られているのです。(今回の特ダネはここだけ。 笑)