読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

「五」にちなんだ不遇の皇子(五瀬命)

阿波の神社巡り 勝浦郡
少し前に神武天皇が即位した場所である「樫原神社」を紹介しました。

白檮原宮は土成町 樫原神社 - awa-otoko’s blog

 

f:id:awa-otoko:20141213173240j:plain
 
今回は神武東征の際に長髄彦(ながすねひこ)と戦い、命を落とした五瀬命(いつせのみこと)」を阿波説で追ってみたいと思います。
 
今回は五瀬命の内容。神武東征のあらすじから考えると前回と順が前後してしまうので解りにくいかもしれません。
こちらから通説をどうぞ。神武東征 - Wikipedia
 
 
さて、神武東征の通説では神武天皇軍は「浪速渡」から「白肩津(しらかたのつ)」に上陸、生駒山を越えて奈良盆地に入ったとされ、そこでは長須泥比古(ながすねひこ)(またの名を登美比古(とみひこ))に軍を興され進軍を阻まれます。
 
この戦いで神武天皇の兄である「五瀬命(いつせのみこと)は長須泥比古軍の放った矢で重傷を負い、五瀬は「紀の国の男之水門(おのみなと)」まで南下し、ついに命が尽きてしまいます。彦五瀬命 - Wikipedia
 
さっそく阿波説で説明してみましょう。
 
徳島市上八万町の「大木(おおぎ)」は「男之水門」とし、佐那河内村を流れる「園瀬川」は「木ノ川」なんです。
 
「大木」とは古代海人族の阿曇(あずみ)氏が越えた山を意味する「あづり越え」と阿曇氏が住んだといわれる「御所之内(ごしょのうち)」の地名に挟まれた古代の岐。(大きな岐から大岐→大木)
阿波の文献「阿波誌」では「園瀬川」は昔に「木ノ川」と呼ばれていたと記されています。

大きな港の壹與を祀る神社(宅宮神社) - awa-otoko’s blog

 

すなわち「古事記」にある「紀の国の男之水門」とは「木ノ川流域にある大きなふなと」であり、「上八万町の園瀬川付近の大木」にあたるのです。
 
そしてその説から考えると「五瀬命」は上八万町の「大木」付近で命が尽きたと考えられます。
 
命を落とした「五瀬命」には陵が造られます。
五瀬命陵」は紀国の「竈山(かめやま)」に在りと記され、通説では和歌山市和田の竈山神社とされています。
 
これも阿波説で説明できます。
 
大木から木ノ川(園瀬川)の上流に進めば「八多山」がありますが、「竈山」とは滝つぼがある山のことを指し、「八多山」には「五滝」があります。
 
f:id:awa-otoko:20141213172213j:plain
f:id:awa-otoko:20141213172256j:plain
 
五滝は滝が五つあるからだとか、落ちる滴が五条に流れるからなどの謂れがあるのですがこれはまったくの付会。「五瀬命」が葬られた滝のある山にちなんで「五滝」と名付けられているのです。

八多山の滝下の麓には「五瀬命陵の拝所」である「五王神社」が造営されています。
これも同じように「五王」という神社名は「五瀬王」から名付けられたものです。
 
f:id:awa-otoko:20141213173742j:plain
 
それでは「五王神社」です。Google マップ
 
f:id:awa-otoko:20141213173802j:plain
f:id:awa-otoko:20141213173829j:plain
f:id:awa-otoko:20141213174008j:plain
 
欝蒼とした森の中、なんとなく物悲しい雰囲気が漂います。太古の昔に命を落とした「五瀬命」の魂が未だ無念な想いを持って存在しているのでしょうか…
 
f:id:awa-otoko:20141213174203j:plain
 
この「五王神社」では痛矢串により命を落とした「五瀬命」の故事から、境内には一切の武具を置くことを禁じられていたそうです。
 
f:id:awa-otoko:20141213173941j:plain
 
そしてこの神社の祭りでは、村民相集い農村舞台で芝居をして五瀬王をおなぐさめするのが習慣であったとされ、春秋の祭日には農村舞台で人形浄瑠璃の上演が行われます。
 
f:id:awa-otoko:20141213174039j:plain
f:id:awa-otoko:20141213174223j:plain
 
今でも境内には船底舞台と背景が六十種類にも変化する舞台装置が残っているんですね。
 
とりあえず情報が少ないので今日はこれくらいで。
 
情報が少ないお詫びに今回の投稿内容に使用した書籍に添付されていた「(阿波国における)神武天皇の征路推定図」を張り付けておきます。
なかなか面白い内容ですよ。
 
f:id:awa-otoko:20141213172039j:plain