awa-otoko’s blog

阿波の神秘的、不思議、面白い場所を記紀や地域伝承と絡めて紹介します

リンガー寺(林下寺 お花大権現)

西日本第一の性器神 「お花大権現」

三加茂町 中ノ庄 真言宗宝光山文殊院  「林下寺(りんかじ)」の本堂にご本尊「文殊菩薩」と共に祀られています。
 
f:id:awa-otoko:20141017202502j:plain
f:id:awa-otoko:20141017202341j:plain
f:id:awa-otoko:20141017202357j:plain
それでは一般では伝わっていない「林下寺」の伝承を紹介しましょう。
 
この寺は昔、林閑寺( リンガー寺 )とよばれ、弘仁の昔 ( 約千三百年前 )弘法大師四国巡錫のおり、中ノ庄の霊地に建立したもの。
 
リンガー寺とは、ヒンズー語の「リンガー」から付けられたものといわれております。(リンガーとは男根の意らしい)
 
f:id:awa-otoko:20141017202415j:plain
 
弘法大師が林閑寺建立のとき、数多くの善男善女がリンガーの加護とご利益を得んものとして押しよせたそうです。
その中に祖山(祖谷地方)の仙女の娘に「お花姫」という美女がおりました。
 
お花姫は絶世の美女でありながらどうしたものか、子宝に恵まれず悩まれていたそうです。
後に信心深い「お花姫」は大師から大変有り難いリンガーの秘宝を授けられ、子宝が授かって玉のような男の子を生みおとされたとのこと。
 
f:id:awa-otoko:20141017202433j:plain
 
お花姫をはじめ、祖谷地方の仙人たちも今さらながら仏陀の加護とリンガーの懿徳に感激し、ついにはお花姫は尼となり仏門に帰依しました。
 
その後、林閑寺の住職となり、男女の性器をはじめ腰から下の病気に対して、リンガーの秘宝と仏陀の加護を授け、性器神として敬まわれるようになったといいます。
 
そしてご利益を受けた人々はいつの頃からか密かに男根を奉納し、御利益に対して感謝の意をあらわすようになったそうです。
 
f:id:awa-otoko:20141017202446j:plain
 
どうでしょう。これが林下寺(お花はん)の伝承らしいですが。
 
あと、この林下寺には記紀神話にまつわる伝承も残されています。
 
木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」。
世界文化遺産に認定された富士山の守護神として有名です。
 
この神は大山祇神(塩つちの翁)の娘で邇邇芸命の妃にあたる人で、阿波では邇邇芸命(ににぎのみこと)を追い、穴吹町まで来て吐血したことから、知野(ちの)という地名が生まれたと云われています。
 

そして林下寺(お花大権現)では「木花咲耶姫の伝説」が「お花はん伝説」に変化し、受け継がれているという伝承も存在するのです。